• Asia insights:日本株の見通しを引き上げ

    2022年3月30日 | By BlackRock
    最新のBII Global Outlookでは、不透明感が高まる時期にもかかわらず、日本株式のオーバーウエイトを一段階引き上げています。詳細はレポートをご覧ください。
  • 積極投資への回帰

    2021年7月9日 | By BlackRock
    マクロ経済と市場が大きく変動する新たな局面は、不透明感の高まりとリターンのばらつきの拡大をもたらしました。そのためブラックロックは、投資ポートフォリオのアクティブ運用のリターンが今後高まっていくと考えています。
  • 新たな市場レジームを乗り切る

    私たちは、過去半世紀に経験したことがない新たな市場レジームに入っています。2022年も株式のリターンはプラスで、債券はマイナスになるとみています。債券よりも株式を選好しますが、2022年には潜在的に様々なシナリオが想定されるため、リスクを低減します。
  • インベストメント・スチュワードシップ

    お客様の資産を長期的に保全し、最大化するために - お客様のフィデューシャリーとして、投資先企業の長期的な価値創造につながる健全なコーポレート・ガバナンスとサステナブルな事業上の取り組みを推進しています。
  • 公募投資信託におけるデリバティブ取引に係るリスク管理方法

    ブラックロック・ジャパン(以下、「当社」といいます。)は、当社が設定・運用する公募投資信託におけるデリバティブ取引に関し、一般社団法人投資信託協会が定める「デリバティブ取引に係る投資制限に関するガイドライン」に基づき、以下のリスク管理方法を策定しております。
  • コーポレート・サステナビリティ

    ブラックロックのパーパスは、より多くの方々が豊かな生活を送ることができるよう、サポートすることです。そのために、長期的なサステナビリティを重視しています。
  • 運用体制のご紹介

    世界最大の資産運用会社であるブラックロックは、受託者としてお客様の資産運用サービスを提供しています。ブラックロックの運用体制は世界各国に配した約2,700人の運用プロフェッショナルによる情報力、ならびに独自のリスク管理の仕組みをベースに、各部門がそれぞれの戦略と哲学、 プロセスに基づいて運用を行う仕組みとなっています。
  • Life at BlackRock

    本来のあるがままの自分でいること。 それが尊重されること。
  • スタイル・ファクター: 特定の資産クラス内で長期的に有効な要素

    スタイル・ファクターは、特定の資産クラス内のリターンの相違を説明するものです。一定の特徴を持つ銘柄は、歴史的にみて、リスク調整後ベースで市場全体をアウトパフォームする傾向があります。例えば、本源的価値に対して割安になっている銘柄(バリュー)や、上昇基調にある銘柄(モメンタム)は市場をアウトパフォームする傾向があり、その傾向は株式、債券、為替、コモディティの各市場で確認できます。そうした共通する特徴がスタイル・ファクターとよばれています。
  • 何が日本人の資産形成を阻んでいるのか

    「貯蓄から投資へ」の機運が日本で高まる中、資産規模や金融知識の程度に関わらず誰一人取り残さない仕組みを作るために、DC(確定拠出型年金)に期待される役割とは何か。リタイアメント分野における各界のスペシャリストらをお招きして活発な意見が交わされ会合の模様についてダイジェストでお伝えします。
  • 重要事項と各種方針

    本サイトのご利用にあたっては、以下の重要事項等を必ずお読みください。
  • iシェアーズETFに 東証上場インド株ETF登場!

    近年、その成長性に注目する投資家から、インド株投資への関心が高まっています。ブラックロックは、インド株式へのアクセスを低コストでお届けするため「iシェアーズ インド株 Nifty50 ETF(銘柄コード:201A)」を東証上場インド株ETFの中で最低水準の信託報酬で上場しました。
  • eFrontのご紹介

    eFront(イーフロント)はオルタナティブ投資に特化したITソリューション・プロバイダーです。プライベート・エクイティ、不動産、インフラ、プライベート・デットなど、オルタナティブ資産運用の効率的な管理を支援する「オルタナティブ分野のトップブランド」です。
  • 個人情報保護宣言(プライバシーポリシー)

    ブラックロック・ジャパン株式会社(以下「当社」といいます。)は、お客様からの信頼を第一と考え、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)及びこの個人情報保護宣言(プライバシーポリシー)に沿って、お客様の個人情報を厳格に管理いたします。
  • スマートベータ

    スマートベータの目的は、リターンの向上、リスクの軽減、より分散された投資です。また、アクティブ運用とパッシブ運用の中間に位置するものでもあります。iシェアーズ・スマートベータETFは、伝統的なアクティブ運用よりも割安なコストで、効率的にファクターを取り入れリターンの向上やリスクの軽減を図ることを目指します。
  • アラディン・ウェルス(Aladdin Wealth) 資産運用アドバイザーのためのプラットフォーム

    Aladdin Wealthは、ウェルス・マネジメントにおけるビジネスモデルの変革をお手伝いする、資産運用アドバイザーのためのテクノロジー・プラットフォームです。
  • サステナブル投資とトランジション(移行)投資

    近年、多くの投資家が、サステナビリティと低炭素経済への移行を目指す中で、ポートフォリオ上のリスクを適切に管理しつつ、投資機会を獲得する方法について模索しています。ブラックロックは受託者として、お客様の投資目標の達成をお手伝いすることに注力します。
  • 老後に向けて準備すべきお金はどれくらい?

    「人生100年時代」と言われる昨今、老後に必要な生活資金について、「いったいどれくらい準備しておけば間に合うのだろうか」と不安を感じている方も多いのではないかと思います。こうした漠然とした不安を解消するためには、現状を正しく把握することが第一歩となります。そこで、老後に必要な生活資金がどれくらいなのか、いくら準備すればよいのかを試算してみましょう。
  • 2024年の債券投資機会

    ブラックロックを代表する運用責任者の一人、リック・リーダーの最新のインサイトを日本語でご紹介します。本ページは2024年1月に掲載したページです。
  • サステナビリティに対する取り組みとスチュワードシップ活動

    2020年1月にブラックロックはステークホルダーの皆様とお客様に対し、我々のインベストメント・スチュワードシップ活動をより良く理解していただくための取組みを発表しました。そのコミットメントに則り、スチュワードシップ活動の透明性を高め、エンゲージメント(対話)と議決権行使についての情報開示を強化するよう取り組んでいます。
  • ドライバーは魅せるため パットは賞金のため

    ブラックロックを代表する運用責任者の一人、リック・リーダーの最新のインサイトをご紹介します。本ページは2023年12月に掲載したページです。
  • つみたてiシェアーズ 米国株式(S&P500)インデックス・ファンド(愛称:つみたてS&P500)

    当ファンドはS&P500指数に連動する運用成果を目指します。
  • ネットゼロへの移行を管理する

    ネットゼロへの移行がどのように進むのかを理解することは企業や投資家にとってかつてないほど重要になりつつあります。詳細はレポートをご覧ください。
  • サステナビリティをブラックロックの投資の新たな基軸に

    サステナビリティを考慮したポートフォリオが投資家によりよいリスク調整後リターンをもたらすと確信しています。 サステナビリティは今後、リスク管理、ポートフォリオ構築、運用商品の設計、企業との対話の中心となるでしょう。
  • iシェアーズETFに 東証上場インド株ETF登場!

    世界最大級の資産運用会社であるブラックロック・グループが運用するETF(上場投資信託)ブランド「iシェアーズ(iShares)ETF」をご紹介します。
  • お問い合わせ

    お問い合わせ | ブラックロック・グループが運用するETF(上場投資信託)ブランドのiシェアーズ日本語公式サイト。ETF銘柄情報、レポート、投資ツール等の情報を掲載。
  • Back to a volatile future ~ボラティリティが高まる時代に回帰

    私たちは、マクロと市場のボラティリティが高まった新しい世界に立ち向かっています。投資家はどのようにポートフォリオを構築すればよいのでしょうか。当社のmidyear outlookをお読みください。
  • お客様本位の業務運営に関する方針と取組

    ブラックロック・ジャパン株式会社は、金融庁が2017年3月30日に公表、2021年1月15日に改訂した「顧客本位の業務運営に関する原則」に掲げられた7つの原則を全て採択し、以下の通り公表します。
  • 新商品リリース情報

    ブラックロック・ジャパンが運用する上場投資信託(ETF)の新商品をご紹介します。
  • ライフスタイルの多様化で「老後」はこう変わる

    従来、多くの方がイメージを共有していた「老後」の生活は、比較的シンプルに描くことができました。60歳でリタイアして退職金が入り、人によっては親世代から資産を相続する。そこに貯蓄をあわせて「リタイア後の生活資金」を確保し、老後はその資金を取り崩しながら年金生活を送るというのが一般的だったと言えるでしょう。しかし、このような「イメージしやすい老後の生活」は過去のものになりつつあります。
  • ブラックロック・ヘルスサイエンス・ファンド(為替ヘッジあり)/(為替ヘッジなし)

    2024年5月にリード・ポートフォリオ・マネージャーのエリン・シエが来日し、ヘルスサイエンス・セクターの魅力や注目している投資機会、米国大統領選の影響などを語りました。
  • iシェアーズETF-JDRシリーズの 信託終了(上場廃止)のお知らせ

    提供商品を見直す一環として、下記のiシェアーズETF-JDRシリーズ10銘柄は、平成30年1月22日(月)付けで上場廃止となり、平成30年1月24日(水)に信託を終了しました。
  • より多くの選択肢を、より多くの投資家に

    iシェアーズETFは、より多くの投資家の資産形成をサポートするために、選択肢の拡充に取り組んでいます。今年で第3回となる「iシェアーズ・インベスター・プログレスレポート」では、上場投資信託(ETF)とインデックス投資の進化が多くの投資家の選択肢を拡充し、長期的な投資目的の達成にどのように貢献してきたかについて考察します。
  • 貯蓄から投資への道のり

    今年で4回目となる「iシェアーズ・インベスター・プログレスレポート」は、本レポートの読者である4,300万人の投資家の皆さまに、ブラックロックの取り組みについてご説明いたします。投資家の皆さまが長期投資を継続する上での一助となれば幸いです。
  • 沿革

  • ブラックロック・インベストメント・インスティテュート

    ブラックロック・インベストメント・インスティテュート(BII)では、ポートフォリオ・マネージャーの横のつながりを生み出し、経済と市場に関する調査を行い、投資見通しを策定し、お客様にお届けしています。
  • 1億人の iシェアーズ投資家にむけて

    iシェアーズのETFおよびインデックス・ファンドは、将来のために投資への一歩を踏み出そうとしている、何百万人もの投資家に利用されています。
  • 利用条件・重要事項

    本サイト及びご提供する情報の作成目的、利用目的・方法、並びに所有権及び著作権等について等
  • 財務状況等

    ブラックロック・ジャパン株式会社の財務状況等についてご案内しております。
  • リック・リーダーのインサイト

    ブラックロックを代表する運用責任者の一人で、グローバル債券のCIOと旗艦ファンドである「グローバル・アロケーション戦略」の運用責任者であるリック・リーダーの長い運用経験と深い洞察力に裏付けられた見方には世界の有力な投資家が耳を傾けています。彼の投資に対する考え方、市場の見方をご紹介します。
  • 革新的な気候変動対応ソリューション

    BlackRock Foundationは社会のためにイノベーションを生み出し、脱炭素化のソリューションを加速されるため、1億ドルの提供を確約。詳しく読む。
  • 長生きによる資産枯渇リスクに備える「トンチン年金」とは

    「人生100年時代」という言葉が盛んに使われていますが、漠然と「自分自身は、そこまで長生きすることはないのでは」と思っている人は多いかもしれません。というのも、実際にどれくらいの人が何歳まで長生きするのか、「事実」はあまり知られていないからです。
  • 人生100年時代に備えた資産形成方法

    人生100年時代といわれる中、長生きに備えた資産形成を考えていかなければなりません。しかし、リスク資産での投資による資産形成については始めるべきかどうか迷っている方は少なくないでしょう。「しっかり貯蓄をしていれば十分なのではないか」「リスクをとって投資をするのはどうしても抵抗がある」という声もよく聞かれます。実際、家計の金融資産の内訳を見ると、1800兆円を超える個人金融資産の50%超が現預金に置かれていることがわかります。個人金融資産に占める現預金の割合は、米国では約13%、欧州は約33%ですから、日本がいかに現預金に偏重しているかがわかるでしょう。
  • 反社会的勢力に対する基本方針

    ブラックロック・ジャパン株式会社は、詐欺的行為を駆使した利益を追求する反社会的勢力の排除に向けた体制を整備し、 経営陣以下、組織的対応を行い、反社会的勢力との関係を遮断するため、また、その被害を防止するため、基本方針を宣言します。
  • 新たなレジーム、新たな投資機会

    経済のボラティリティ(変動)が高い新たなレジーム(局面)には様々な投資機会が豊富に存在します。2023 midyear outlookについて詳しくみてみましょう。
  • ブラックロックの採用情報

    ブラックロックに入社するということは、優れた能力を活かして、新しく何かを創り出そうとするコミュニティの一員になることです。ブラックロックは、考え方やこれまでのバックグラウンドのダイバーシティを大切にしており、誰もが自分の意見を持っていると考えています。立場に関係なく、入社時から責任のある業務を担い、ともに現状を打破する力になっていただきたく期待しています。
  • Unlock New Opportunities with Aladdin

    多くの資産運用会社や機関投資家の皆様が、投資戦略や地域毎の分散状況などから得た洞察をもとに、運用の高度化・効率化を目指しています。アラディン(Aladdin)プラットフォームとアラディン(Aladdin)コミュニティは、それを可能にします。
  • 信託財産の運用における一括発注

    当社は、当社が運用を行う複数の信託財産に係る売買注文を一括して発注することがあります。また当社は、投資信託財産と投資一任契約財産に係る売買注文を一括して発注することがあります。
  • 日本版スチュワードシップ・コード受入れについて

    ブラックロック・ジャパンは、「責任ある機関投資家」の諸原則 ≪日本版スチュワードシップ・コード≫ の趣旨に賛同し、本コードの全ての原則を採択し、受け入れを表明します。

ブラックロックを代表する運用責任者の一人 リック・リーダーのインサイト

グローバル債券のCIOとグローバルアロケーション戦略の運用責任者をつとめるリック・リーダーの長い運用経験と深い洞察力に裏付けられた市場の見方には世界の投資家が耳を傾けています。彼の投資に対する考え方、市場の見方をご紹介します。
Rick Rieder
ファンド・ETFを探す

iシェアーズETF情報

世界最大級の資産運用会社であるブラックロック・グループが運用するETF(上場投資信託)ブランド、「iシェアーズ(iShares)ETF」をご紹介します。
日本での届出銘柄数 114本、国内上場銘柄数 18本 - iシェアーズETF情報

日本のブラックロック

ブラックロック・ジャパンは機関投資家や個人投資家のお客様に広範なソリューションを提供し、経済的な安定を確保できるようさまざまなサポートをしています。
日本のブラックロック

ブラックロックとサステナビリティのかかわり

コーポレート・サステナビリティ
コーポレート・サステナビリティ
ブラックロックは長期的なサスティナビリティを重視し、当社事業の中心的な存在に位置付けています。
インベストメント・スチュワードシップ
インベストメント・スチュワードシップ
企業の長期的かつサステナブルな価値創造につながる健全なガバナンスを促進するため、企業と継続的に対話し、議決権を行使していきます。