ブラックロックのご紹介
会社情報

ブラックロックのご紹介

ブラックロックのパーパスは、より多くの方々が豊かな生活を送ることができるよう、サポートすることです。お客様の資金を預かり運用するフィデューシャリーとして、また金融テクノロジーにおけるリーダーとして、お客様の目標実現に必要なソリューションを提供しています。ブラックロックの運用資産残高は7.32兆米ドル(約789兆円)です(2020年6月末時点、1ドル=107.885円換算)。

※パーパスとは、企業が何のために存在するのか、企業の社会における存在意義をさします。
  • ブラックロックの歴史

    ブラックロックは、8人のパートナーにより、1988年にニューヨークで設立されました。創業以来、既存の枠組みにとらわれず、刻々と進化を重ね、資産運用を通じて最終的に人々の豊かな人生設計に貢献することに情熱を傾けてきました。
    詳しくはこちら 詳しくはこちら
  • ブラックロックのパーパスと行動原則

    ブラックロック・ジャパンはブラックロック・グループの一員として、適切なローカル・ガバナンスを構築し、ブラックロックのパーパスを実現するため、私たちの企業文化と行動原則に則った業務運営を実施しています。
    詳しくはこちら 詳しくはこちら
  • ブラックロック・ジャパン会社概要

    ブラックロック・ジャパンは、世界に広がるグローバルのネットワークを最大限に活用し、日本の投資家の皆様、資産運用業務に携わるお客様に、革新的なプロダクトやソリューションを提供しています。
    詳しくはこちら 詳しくはこちら

ブラックロックとサステナビリティのかかわり

コーポレート・サステナビリティ
コーポレート・サステナビリティ
ブラックロックは長期的なサスティナビリティを重視し、当社事業の中心的な存在に位置付けています。

インベストメント・スチュワードシップ
インベストメント・スチュワードシップ
企業の長期的かつサステナブルな価値創造につながる健全なガバナンスを促進するため、企業と継続的に対話し、議決権を行使していきます。
  • 投資先企業のCEOに宛てた書簡

    Larry Fink's Letter to CEOs

    年初にブラックロックCEOラリー・フィンクが出す書簡です。2020年度は、気候変動リスクに焦点を当て、それに伴う金融システムの根本的な見直しが必要であると述べています。
    詳しく読む 詳しく読む
  • 示唆に富んだ洞察を提供します

    BlackRock Investment Institute

    グローバルにカバーする多様な資産クラス、世界情勢、投資家・顧客セグメント等に関する専門的な知見を活用すべく、2011年にブラックロック・インベストメント・インスティテュート(BII)を設立しました。
    続きを読む 続きを読む
  • お客様の利益の最大化を目指して

    ブラックロックのスチュワードシップ活動

    ブラックロックのインベストメント・スチュワードシップチームは、各運用チームと連携しながら、スチュワードシップ活動を実施しています。
    続きを読む 続きを読む
  • 日本での届出銘柄数 114本、国内上場銘柄数 18本

    iシェアーズ(iShares)ETF

    世界最大級の資産運用会社であるブラックロック・グループが運用するETF(上場投資信託)ブランド、「iシェアーズ(iShares)」をご紹介します。
    続きを読む 続きを読む
  • 最先端を歩む独自のリスク分析技術

    アラディン(Aladdin®)

    ブラックロックの特徴の一つとして、質の高い資産運用サービスを提供するためには、厳格なリスク管理が必須であるという考えがあります。それを十分に満たすシステムとして、1988年、ブラックロックは最先端の独自システムを設計、構築しました。
    続きを読む 続きを読む