ESG投資で変化する社会に備える

ESG投資で変化する社会に備える

※このページは、企業型確定拠出年金(DC)の運営管理機関様、スポンサー企業様向けに作成されたページです。

世界では、ESGやSDGsに着目した投資が大きな潮流となっています。

企業型確定拠出年金(DC)は、超長期の資産設計です。気候変動問題の解決など、長期的なテーマを据えて長期的な資産の成長を目的とするESG投資は、DCにおいても適した選択肢であると考えています。

One Word
長期テーマでの
株式投資
One Word
若年層に寄り添う
コンセプト
One Word
拡大するESG
ファンド市場

ブラックロックでは、ESGに関する知見を組み入れた特徴ある商品をDCプランを通じてご提供しています。

投資を通じてESG評価の高い企業を支援し、老後を豊かなものにするよう今から備えませんか?

Related Materials-1,Paragraph-1,Image Cta-2,Multi Column Teaser-3,Paragraph-2,Image Cta-3,Paragraph-3
Related Materials-2,Paragraph-4,Multi Column Teaser-4,Paragraph-5,Image Cta-4,Image Cta-5,Paragraph-6

※ファンドのリスク、費用および詳細については、投資信託説明書(交付目論見書)の内容をよくお読みください。

インパクト投資は、「経済的リターンに加えて、社会や環境に対して測定可能でポジティブなインパクトを創出することを目的とした投資」と一般に定義されています。
インパクト投資を通じて、より良い明日を創る。その想いを込めて「明日をつくる」と愛称に名付けました。

ファンドの特色

インパクト投資理念の特徴

ブラックロックは、インパクト投資やESG投資へ会社として強いコミットメントを掲げており、経験豊富なインパクト投資の専門チームがインパクト投資戦略の運用を担当しています。ブラックロックのインパクト投資理念には、以下の特徴があります。

意図的であること
意図的であること
測定可能な社会や環境の利益に貢献することを、意図して行う投資
重要性
重要性
主力の製品やサービスがインパクト成果目標(例えばSDGs等)を推進すること
付加性
付加性
この資金なしには結果が得られなかったであろうというように、特定の資金がインパクトを創出すること
計測可能であること
計測可能であること
インパクトがデータで測定可能であること

インパクト投資理念に合致しない行動

  • 投資において、炭素排出などの負の外部性をもつ企業への投資を単に削減すること
  • 単にESG評価の高い企業に投資すること
  • 明確なインパクト成果の目標を設定することなしに、単に投資の成果を開示報告すること
  • 企業との目的を持った対話なしに投資を行なうこと
どのような企業に投資するのか?
国際連合の持続可能な開発目標(SDGs)の達成を促進すると考えられる製品やサービスを提供する企業へ投資します。 例えば、人々や地球に関する以下のようなテーマが掲げられており、当ファンドはインパクト投資を通じて、これらの問題解決に寄与するインパクトの創出を目指します。
どのような企業に投資するのか?

SDGsとは

「持続可能な開発目標Sustainable Development Goals - SDGsとは、2030年までに達成を目指した2015年9月の国連サミットで採択された国際目標です。

 

 

人々
  • 手軽な価格の住宅
  • 教育とスキル
  • 金融とデジタルの包括
  • 公衆衛生
  • 安全性と保安

 

地球
  • 効率、電装化、デジタル化
  • グリーンエネルギー
  • 汚染の修復と防止
  • 持続可能な食糧、水、廃棄物

※ファンドのリスク、費用および詳細については、投資信託説明書(交付目論見書)の内容をよくお読みください。

ESG投資とは

Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の3つの切り口による分析をもとに、優れた経営をしている企業に投資する考え方のことです。
Environment(環境)
Environment(環境)
イノベーション
炭素および生産性
水資源等
Social(社会)
Social(社会)
ダイバーシティ
福利厚生・生産性
ジェンダー、人材
従業員満足度等
Governance(企業統治)
Governance(企業統治)
取締役会および規範
経営チームの質等

ファンドの特色

最新テクノロジーを駆使した銘柄選定
先進国を中心とした約3,700銘柄の投資候補銘柄に対し、有益な情報を常時収集、文字情報を含めたビッグデータを機械学習の最新テクノロジーを駆使することにより、銘柄選択を行います。
最新テクノロジーを駆使した銘柄選定
投資魅力度を加味したポートフォリオ構築
投資対象銘柄に対して多面的な評価基準を基に、全銘柄の投資魅力度(ESGおよび投資収益)を算出、順位付けします。市場環境に応じたリスクやコスト等を考慮した最適なポートフォリオ構築を決定します。※1
投資魅力度を加味したポートフォリオ構築

※1: 上記の投資対象銘柄数は、今後変更になる可能性があります。資金動向、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。ファンドの運用プロセス等、詳細は目論見書にて必ずご確認ください。

 

※ファンドのリスク、費用および詳細については、投資信託説明書(交付目論見書)の内容をよくお読みください。

 

 

当ファンドの基準価額は、当ファンドに組入れられている有価証券等の値動きの他、為替変動による影響を受けますが、これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いたします。元金が保証されているものではありません。

当ファンドは、預貯金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また販売会社が登録金融機関の場合、投資者保護基金の対象にはなりません。

当ファンドの受益権を取得される場合には、投資信託説明書(交付目論見書)を取得申込み前または申込みと同時にお渡しいたしますので、必ず内容をご確認のうえ、ご自身でご判断下さい。

本資料は、当社が信頼できると判断した資料・データ等により作成いたしましたが、その正確性および完全性について保証するものではありません。また使用されるデータ等は過去のものであり、今後の成果を保証・約束するものではありません。

本資料の内容は作成日時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。

本資料に記載された基準価額は信託報酬を控除した後の価額、分配金は課税前の金額を使用しております。

ファンドの運用期間が5年以上の場合、本資料に記載された「5年」、「10年」および「設定来」の基準価額の推移は週次の基準価額で表示しております。

分配金の金額は委託会社が基準価額水準、市況動向等を勘案して決定します。上記の表は過去の実績であり運用状況によっては、分配金額が変わる場合、あるいは分配を行わない場合があります。

分配金込みの基準価額の推移につきましては、運用レポート、運用報告書をご参照下さい。

 

MKTGH0521A/S-1574601