ファクター投資という考え方は古くからありました。
そのアイデアを実現したのはデータとテクノロジーの力です。

ファクターとは何か

ファクターは、株式や債券など幅広い資産のリターンを長期にわたり一貫して生み出してきた、リターンの源泉であり、ポートフォリオ構築の土台となる考え方です。

ファクターはこれまでの長い歴史においてリターンのドライバーであり、今ではデータとテクノロジーの力を駆使して、ドライバーを抽出します。ファクターの仕組みを理解すると、超過リターンを生み出しつつ、リスクを抑える機会を捉えることにつながります。世界の主要な機関投資家は、数十年にわたりそれを実践してきました。

ファクターの種類

リターンの源泉となるファクターには大きく二種類あります。

マクロファクター
あらゆる資産クラスに共通するリスクを説明しています。
>マクロ経済ファクター:分散投資の重要な要素

スタイルファクター
ある特定の資産におけるリスクとリターンの関係を説明しています。
>スタイルファクター:特定の資産クラス内で長期的に有効な要素

 

なぜファクターに投資するのか

ファクターは通常、互いに相関が低く、それぞれ景気サイクルの異なる時期にパフォーマンスが表れる傾向にあります。適切に組み合わせることで、効果的な分散ができるようになります。

ファクターはなぜ有効なのか

ファクターとは、広範囲に有効で持続的にリターンを生み出す要因です。全てのファクターにはそれぞれ、過去のパフォーマンスの土台となる経済的根拠があります。

  • リスクの見返りとしてのリターン:より大きなリスクをとることへの見返りとして、長期的により大きなリターンを獲得する
  • 構造的な障壁:市場のルールや制約(例えば、税制や投資対象・手法の制限など)により特定の投資家に制限がかかることによって生じる投資機会を見つける
  • 投資家の行動バイアス:合理的に行動しない投資家(例えば、群集心理、短期志向、極度の損失回避行動等)によって生じる逆張り機会を発掘する

ファクター運用は未来の運用手法です。目標の達成を支えるアイディアに、投資家が直接かつイメージ通りにアクセスできるようになるということです。

アンドリュー・アン
ファクター戦略ヘッド

ファクターへの投資手段

ブラックロックはファクターの運用戦略を提供しており、低コストのスマートベータETFから、投資環境に合わせて機動的に運用する投資信託まで幅広いラインナップを揃えています。

Paragraph-6,Featured Funds-1
Paragraph-7,Featured Funds-2

スマートベータETFにより低コストで効率的にファクターにアクセスできます。

ファクター運用は未来の運用手法です。目標の達成を支えるアイディアに、投資家が直接かつイメージ通りにアクセスできるようになるということです。

 

【iシェアーズETFに関して】
iシェアーズETFの記載は、ブラックロック・インク、ブラックロック・ジャパン株式会社を含むそのグループ会社(以下、「ブラックロック」といいます。)が設定・運用等を行う国内上場投信および外国籍ETFであるiシェアーズETFに関する情報を含む投資情報の提供を目的として作成されたものです。本ウェブサイトは、本邦での募集の取扱等に係る金融庁への届出等がされていない海外ファンド等について投資の勧誘等を目的とするものではありません。

本サイトに記載された情報に基づいて利用者がとった行動により利用者が何らかの損害を被ったとしても、弊社は一切責任を負うものではありません。運用実績は、ファンドの基準通貨で表示されています。円で投資した場合の運用実績は、為替変動の影響により、表示された運用実績とは異なることがあります。個別の銘柄に関して、より詳細な情報が現地のサイトに掲載されていることがありますので、必要に応じてご参照ください。また、本サイトに記載された情報は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
本サイトの内容につきましては、iシェアーズETFの設定あるいは上場されている国、地域の事情により、変更あるいは更新の作業が遅れている場合があります。
なおiシェアーズETFとは、ブラックロックが日本を含む世界各国で設定・運用する上場投資信託等を示す登録商標であり、個別商品を指すものではありません。

【ご投資にかかる手数料等およびリスクについてのご留意いただきたい事項】
本サイトでご紹介するiシェアーズETFにご投資いただく際には、取扱い金融商品取引業者(証券会社等)の定める手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。iシェアーズETFは、連動する指数等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。なお、iシェアーズETFへ投資をされる場合は、取扱い金融商品取引業者へお問合せいただき、上場有価証券等書面を予め十分にお読みいただき、投資にかかる手数料等およびリスクについてご確認の上、ご自身の判断でなさるようお願い致します。
iシェアーズETFを取引する際に、投資家の皆様が負担する主な費用には下記のものがあります。

【売買時の手数料】
iシェアーズETFを売買する際の手数料は取扱い金融商品取引業者によって定められます。詳しくは取扱い金融商品取引業者までお問い合わせください。また、海外上場のiシェアーズETFの場合には、売買時の手数料の他に、為替の取引や外国金融商品市場等における費用等が別途発生することがあり、これらの費用等はお客様の負担となります。

【保有時の費用】
iシェアーズETFの保有期間中は運用管理費用等を間接的にご負担いただきます。保有時の費用の率(総経費率)は個別のETF毎によって異なり、また運用状況や保有期間等に応じて異なることからその上限額を示すことはできません。個別のETFの情報については本ウェブサイトの各ファンドページにてご確認いただけます。

個別のインデックスに係る使用条件等については、こちらをご覧ください。
iシェアーズETFに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。