ブラックロックのインベストメント・スチュワードシップチームは、各運用チームと連携しながら、スチュワードシップ活動を実施しています。ブラックロックのスチュワードシップ活動におけるアプローチは以下の通りです。

1

投資先企業に対する積極的な対話(エンゲージメント)と議決権行使を行います。

2

お客様の利益最大化の観点から、投資先企業の企業価値の向上や持続的成長を促すことで、スチュワードシップ責任を果たすことを目指します。

3

企業のESG(環境、社会、ガバナンス)に関する情報を、ブラックロックの様々な運用チームに提供します。

対話(エンゲージメント)

ブラックロックは、様々な議論を積極的に行い、相互理解を促進することを目指して投資先企業との対話を行っています。当社は、企業との対話をスチュワードシップ活動の中でも最も重要な活動の一つであると考えています。なぜなら、対話を通じて、投資先企業が、刻々と変化する事業環境の中、どのように適切な経営とガバナンスの実効性を担保しているのかを判断することができるためです。
このような観点から、インベストメント・スチュワードシップ部は、多くの投資先企業の経営陣やIR、SR担当者を始めとした関係者と面談を行い、様々な議論を行っています。

また、ブラックロック・ジャパンは、「責任ある機関投資家」の諸原則 ≪日本版スチュワードシップ・コード≫ の趣旨に賛同し、本コードの全ての原則を採択し、受け入れを表明しています。お客様の利益最大化の観点から、投資先企業の企業価値の向上や持続的成長を促すことで、スチュワードシップ責任を果たすために、「スチュワードシップ責任を果たすための方針」を定め、スチュワードシップ責任に対する考え方、議決権の行使方針、スチュワードシップ活動に対する総合的な対応方針、そして利益相反の管理方針について明確にします。

スチュワードシップ責任を果たすための方針
スチュワードシップ活動状況と自己評価

議決権行使

ブラックロックは、お客様の利益の最大化を目指し、明確な方針とプロセスに従った株主議決権行使を行います。すなわち、株主重視のコーポ レート・ガバナンスの重要性を認識し、議案の判断に当たっては、社内で定めたガイドラインに照らして、当社の利益もしくはお客様以外の第三者の利益を図る目的から判断を歪めることなく、議決権行使を通して株主全体の利益の増進に貢献することを目指します。

議決権行使の方針を詳しく見る

議決権行使に関するガイドライン (日本株式)