Skip to content

サステナブル投資

サステナブル投資は、今まさに進化している運用手法であり、世界が抱える大きな課題を解決する企業こそが成長できるという認識の上に立っています。 それは、私たちが創り出そうとしている未来に向けて、より良いビジネス慣行を追求し、多くの人々が参画し選択することを推し進めるモメンタムを生み出すことでもあります。

世界の主要な機関から個人まで、幅広い投資家が伝統的な投資アプローチに、環境、社会、ガバナンス(ESG)の知見を統合し、目標を達成するために持続可能なアプローチを取っています。

サステナブル投資の成長

サステナブル投資戦略に関連する資産は近年急速なペースで成長しています。ブラックロックはこのトレンドが続くとみています。

サステナブル投資の成長

出所:Broachridge/Simfundのデータを基にブラックロック作成、2018年6月時点
チャートはESGに関連する投資信託やETFの運用資産の合計を示しています。2019年以降の数字は、年5%のペースで成長するとしてブラックロックが試算した予想です。その他前提:投資信託全体の残高は2019年に5%成長した後で、2022年にかけて毎年0.5%のペースで減少し、それ以降は0-0.5%のペースで成長するとしています。ETFの成長は45%で始まった後で、2022年まで5%のペースで減少し、それ以降は0-3%のペースで成長するとしています。

サステナブル投資はなぜ成長しているのか

サステナブル投資の機会を探る投資家は、
数の上でも質の上でも広がりをみせています。
若い層の企業への期待

将来の経済の鍵を握る若年層の人たちは企業に対し、単純に利益を上げる以上のことを期待し、持続可能な解決策を求めています。

当局や政府も巻き込んでいる

政府はサステナビリティを、投資決定の材料として着目するようになっています。

ESG調査・分析の認識

ESGに関する調査・分析が投資リスクの特定や超過リターンの創出に結び付くと認識されるようになっています。

 

企業理念を遂行し、ステークホルダーに対する責務を全うする企業は、長期的に対価を得ることができる一方、それを怠る企業は立ち行かなくなるでしょう。社会がより厳格な基準で企業を評価するようになっているため、こうした動きはますます明確なものになっています。
さらに、現在、労働人口の約35%を占めるミレニアル世代が、自身が働く企業、製品を購入する企業、そして投資をする企業に対して発言権を増していくにつれ、こうした傾向はさらに加速するでしょう。

ブラックロックCEO ラリー・フィンクがCEOに宛てた書簡より

MKTGH0819A-881981