スマートベータ
リターンの源泉を活用する新たな方法

 

スマートベータは、現在急成長を遂げている運用手法の1つです。

スマートベータの目的は、リターンの向上、リスクの軽減、より良い分散投資です。また、アクティブ運用とパッシブ運用の中間に位置するものでもあります。

iシェアーズ・スマートベータETFは、伝統的なアクティブ運用よりも割安なコストで、効率的にファクターを取り入れることでリターンの向上やリスクの軽減を図ることを目指します。

ファクターとは、長期間に亘って持続的に銘柄のリスクとリターンの要因を説明する特性のことです。それらは、例えばリスクを取ったこと対して支払われるプレミアム(対価)であったり、規制などの参入障壁がもたらす投資機会であったり、群集心理など投資家行動バイアスがもたらす投資機会であったりします。

このような代表的なファクターの要因は、学術的に長期にわたって有効であると考えられています。以下の各セクションでは、スマートベータについてご説明します。

Paragraph-2
Paragraph-3
Paragraph-4,Featured Funds-2
Paragraph-5,Topic Nav-1,Paragraph-6

スマートベータとは

スマートベータは、ルールにのっとった透明性の高い戦略を通じて、リターンの向上やリスクの軽減、より良い分散投資などを図ることを目指します。

 

スマートベータは、ルールにのっとった透明性の高い戦略を通じて、リターンの向上やリスクの軽減、より良い分散投資などを図ることを目指します。

スマートベータの戦略の中で着目される代表的なファクターである、ボラティリティ(リスク量の低い銘柄(群))、クオリティ(健全な財務体質を持つ企業)、バリュー(割安銘柄)、サイズ(小型株)、モメンタム(株価が上昇基調の銘柄)という5つのスタイル・ファクターは、過去の株式のパフォーマンスに影響を与えてきたことが多くの学術研究により示されています。

これらのファクターの発想自体は新しいものではありませんが、テクノロジーによってファクターの活用方法は発展を遂げ、ETFという低コストで透明性が高い投資商品を通じて、効率的に提供されるようになってきています。

※ファクターと呼ばれる持続的に長期リターンを牽引する要因の存在は、学術文献、リサーチ、指数提供会社のリサーチ等で数多く取り上げられてきました。ファクター投資の詳細な説明については、「資産運用の本質-ファクター投資への体系的アプローチ」(アンドリュー・アング[著]、浦壁厚郎、ほか[監訳]、金融財政事情研究会、2016年4月12日)をご覧ください。

 

 

リスクの軽減

 

最小分散戦略は、業種、ファクター、銘柄間などの相関を検証し、最もボラティリティ(価格の上昇・下落幅の大きさ)が低くなる銘柄群を選定することで、ポートフォリオレベルのリスクの軽減を目指す投資戦略です。

以下は、最小分散の代表的な指数であるMSCI 日本株最小分散指数と日本株市場全体(TOPIX)の過去10年間のパフォーマンスを比較したものです。

過去10年間を見ると、MSCI 日本株最小分散指数は、金融危機やその後の市場低迷期の価格の下落幅が抑制されたことから、リターンでは日本株市場全体の時価総額を表す指数を上回るパフォーマンスとなっています。

MSCI 日本株最小分散指数とTOPIXの過去10年のパフォーマンスの推移
(2007年3月~2017年3月)

MSCI日本株最小分散指数とTOPIXの過去10年のパフォーマンスの推移(2007年3月~2017年3月)

出所:ブルームバーグのデータをもとにブラックロックが作成。2007年3月末を100として指数化。
期間:2007年3月末~2017年3月末。配当込み指数のデータ。

上記は、連動を目指す指数の特徴を説明するために用いた過去のデータであり、当ETFの運用成果を示すものではありません。また、将来の運用成果等を示唆、あるいは保証するものではありません。

 

リターンの向上

 

過去のデータを見ると、クオリティ、バリュー、サイズ、モメンタムといった個別のファクターのパフォーマンスは、景気サイクルの局面により異なったものとなりました。

過去の市場動向から示唆されるトレンドとしては、景気回復の初期段階においては小型株銘柄(サイズ)を取り込むことで、比較的好調なパフォーマンスとなる傾向であった一方、景気サイクルの後期に入ると財務体質が良い安定企業(クオリティ)が4つのファクターの中では最も高いパフォーマンスとなる傾向が見られました。

シングルファクターのスマートベータ戦略は、景気サイクルの局面で投資見通しを反映させることで、リターンの強化やリスクの軽減を目指す投資家にとって有益なツールと言えるでしょう。一方、複数のファクターを組み合わせたマルチファクター戦略は、異なる景気サイクルおいても、一貫した投資を行う長期投資家に有益な投資戦略の一つと言えるでしょう。

 

リターンの向上

注:上記は過去にみられた典型的な景気循環とファクターのパフォーマンス動向の関係について、イメージを示すものであり、常にこのような景気循環になること、また将来にわたって各ファクターがこのようなパフォーマンスの傾向を示すことを保証するものではありません。

 

ファクター

iシェアーズETFについて

「iシェアーズETF」は世界最大*1の資産運用会社であるブラックロックが運用する上場投資信託(ETF)です。
「iシェアーズETF」の世界のETF市場におけるシェアは、約38%*2と世界最大となっています。

*1 出所:P&I/タワーズワトソン・グローバル500リサーチ&ランキング2015(2016年10月)、グローバルの運用資産残高ベース
*2 出所:BLACKROCK GLOBAL ETP Landscape(2017年9月)

ブラックロックは、ファクター投資のリサーチや分析、投資戦略の執行を十数年に亘り行ってきたファクター投資の先駆者です。iシェアーズのスマートベータETFは、リスクの軽減やリターンの向上、より良い分散投資の追求などを目指して設計されており、投資家の投資戦略・投資目的に合ったファクターへのアクセスを、低コストかつ透明性の高いETFを通してご提供いたします。

世界最大のETFブランド、iシェアーズETF(グローバル・ベースの運用状況)

  •  ETF純資産残高: 約1兆7,171億米ドル(業界首位)
  • 世界シェア: 38.45%(業界首位)
  • 銘柄数: 857本(業界首位)
  • 日本での届出銘柄数※1: 96本
  • 国内上場銘柄数※2: 15本

※1 日本の法令に基づく届出を意味します。日本の法令に基づく届出がされていない銘柄については、一般投資家の方が日本国内の証券会社でそれらを取引することができません。
※2 JDR形式で上場されている銘柄は含んでいません。
出所:BLACKROCK GLOBAL ETP Landscape(2017年9月)

スマートベータ

従来のアクティブとパッシブの枠組みを超えた新たな発想の投資手法

ファクター投資

ファクターは、複数の資産クラスに亘って、リターンの源泉を説明する要因です。ファクターを活用した投資についてご紹介します。

PEOPLE OF BLACKROCK

世界のファクター投資をリードする、ブラックロックのファクター投資戦略チーム運用責任者アンドリュー・アンをご紹介します。

【iシェアーズETFに関して】
iシェアーズETFの記載は、ブラックロック・インク、ブラックロック・ジャパン株式会社を含むそのグループ会社(以下、「ブラックロック」といいます。)が設定・運用等を行う国内上場投信および外国籍ETFであるiシェアーズETFに関する情報を含む投資情報の提供を目的として作成されたものです。本ウェブサイトは、本邦での募集の取扱等に係る金融庁への届出等がされていない海外ファンド等について投資の勧誘等を目的とするものではありません。

本サイトに記載された情報に基づいて利用者がとった行動により利用者が何らかの損害を被ったとしても、弊社は一切責任を負うものではありません。運用実績は、ファンドの基準通貨で表示されています。円で投資した場合の運用実績は、為替変動の影響により、表示された運用実績とは異なることがあります。個別の銘柄に関して、より詳細な情報が現地のサイトに掲載されていることがありますので、必要に応じてご参照ください。また、本サイトに記載された情報は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
本サイトの内容につきましては、iシェアーズETFの設定あるいは上場されている国、地域の事情により、変更あるいは更新の作業が遅れている場合があります。
なおiシェアーズETFとは、ブラックロックが日本を含む世界各国で設定・運用する上場投資信託等を示す登録商標であり、個別商品を指すものではありません。

「ご投資にかかる手数料等およびリスクについてのご留意いただきたい事項」
本サイトでご紹介するiシェアーズETFにご投資いただく際には、取扱い金融商品取引業者(証券会社等)の定める手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。iシェアーズETFは、連動する指数等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。なお、iシェアーズETFへ投資をされる場合は、取扱い金融商品取引業者へお問合せいただき、上場有価証券等書面を予め十分にお読みいただき、投資にかかる手数料等およびリスクについてご確認の上、ご自身の判断でなさるようお願い致します。
iシェアーズETFを取引する際に、投資家の皆様が負担する主な費用には下記のものがあります。
[売買時の手数料] iシェアーズETFを売買する際の手数料は取扱い金融商品取引業者によって定められます。詳しくは取扱い金融商品取引業者までお問い合わせください。また、海外上場のiシェアーズETFの場合には、売買時の手数料の他に、為替の取引や外国金融商品市場等における費用等が別途発生することがあり、これらの費用等はお客様の負担となります。
[保有時の費用] iシェアーズETFの保有期間中は運用管理費用等を間接的にご負担いただきます。保有時の費用の率(総経費率)は個別のETF毎によって異なり、また運用状況や保有期間等に応じて異なることからその上限額を示すことはできません。個別のETFの情報については本ウェブサイトの各ファンドページにてご確認いただけます。

個別のインデックスに係る使用条件等については、こちらをご覧ください。
iシェアーズETFに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。