BLACKROCK INVESTMENT INSTITUTE

ブラックロック・インベストメント・
インスティテュート

ミッション

ブラックロック・インベストメント・インスティテュート(BII)は、広範な資産クラス・地域を跨いで、経済と市場に関する調査・分析を行い、ビューを策定しています。BIIのミッションは、運用者同士がつながる機会を生み、活発な議論を通して運用力を高め、お客様や政策当局の方々に示唆に富んだ洞察を提供することです。

ブラックロックは、グローバルにカバーする多様な資産クラス、世界情勢、投資家・顧客セグメント等に関する専門的な知見を活用すべく、2011年にブラックロック・インベストメント・インスティテュート(BII)を設立しました。BIIは、BII グローバル・チーフ・インベストメント・ストラテジストのRichard Turnillが指揮を執り、かつてスイスの中銀総裁を務めたヴァイス・チェアマンのPhilipp Hildebrandが統括しています。BIIは主に、以下2つのステークホルダーに向けて活動しています。

ブラックロック・ジャパン株式会社(https://www.blackrock.com/jp/)のサイトを離れ、ブラックロック・グループのコーポレートサイト(https://www.blackrock.com/)に移ります。

1

ブラックロックの運用チーム

BIIでは、大規模なフォーラムやワークショップ、電話・テレビ会議等を通じて、運用のプロフェッショナルがつながりを深め、知識や経験に基づく情報を共有できる環境にあります。このような意見交換の場において、ファンド・マネージャーは互いの意見の相違について議論し、多様な考え方を共有することで、新たな投資アイデアが生まれると考えています。Richard Turnill率いるグローバル・インベストメント・ストラテジー・チームとJean Boivin率いるエコノミック・アンド・マーケット・リサーチ・チームが、運用チームと連携し、見通しを立てています。両チームはまた、独自の調査を基に情報を提供しています。

2

ブラックロックのお客様

チーフ・ストラテジストのRichard Turnill(グローバル)、Kate Moore(株式)、Jeff Rosenberg(債券)およびIsabelle Mateos y Lago(マルチ・アセット)は運用チームと協働し、主要なアセット・クラスの市場動向を分析しています。そして、BIIのグローバルネットワークを活用し、お客様のみならず、政策当局の担当者の方に向けても、市場や投資に関する様々な情報を届けています。チームには米国、欧州およびアジアの拠点にそれぞれ代表者がいます。
そして、Jack Reerinkが担当するBIIパブリッシング・チームは、運用者同士の議論や投資戦略に関する論点について、レポートを作成しています。

テレビ会議
ブラックロックでは、世界中の運用担当者がテレビ会議で、最新の市場動向や政策、トレーディングの状況について日夜議論しています。この会議では、シニアのポートフォリオ・マネージャーが議長を1週間ごとに交代で務めています。
最新のトピック
注目のテーマや問題は、「今週のトピック」として取り上げられます。ブラックロックの運用部門のスタッフは、情報共有のブログを通して投票したりコメントを書き込むことができ、結果はリアルタイムで集計されます。
議論の機会
ブラックロックの運用担当者は、フォーラムやワークショップ、電話会議等を通じて議論する機会を与えられ、その中で投資の知見を磨き、新たなアイデアを生み出すことができると考えます。