ブラックロック・インパクト株式ファンド(愛称: ビッグ・インパクトTM)

お申し込みの際は投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご覧ください。
ファンドの詳細はこちらをご覧ください。
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/限定為替ヘッジあり)
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/為替ヘッジなし)

ビッグ・インパクトの3つのキーワード



インパクト投資とは…
社会に影響(持続的な社会的インパクト)を与えることを目指す企業に着目し、同時に投資収益を追求する新しい投資の考え方です。










出所:ブラックロック
※上記は当ファンドが採用する運用戦略で資料作成時点で着目している社会的課題の一例であり、今後予告なく変更されることがあります。


飛躍的に情報量が拡大している現代においてこそ、ビッグデータを活用することに意味があると考え、ブラックロックは注目しました。日々大量に発行されるアナリストレポートを読み込むには相当の時間と労力がかかります。そこで、『テキスト・マイニング』という手法で文字情報としてデータ処理し、アナリストレーティングにあらわれないニュアンスまで分析するよう取り組んでいます。



ビッグデータの分析を含む当ファンドの運用に当たっては、世界8都市に拠点を有する科学的アクティブ運用部門が担当します。














ファンドの詳細はこちらをご覧ください。
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/限定為替ヘッジあり)
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/為替ヘッジなし)

ファンドの特色(詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。)

1. 各企業の社会的インパクトに着目しながら、先進国の企業または先進国に主要な業務基盤がある企業の株式ならびに株式関連商品(デリバティブ含む)等に投資します。

■主として、各企業の社会的インパクトに着目しながら、先進国の企業または先進国に主要な業務基盤がある企業の株式ならびに株式関連商品(デリバティブ含む)等に投資する投資信託証券に投資します。
■当ファンドは、ファンド・オブ・ファンズ形式で運用を行い、「BSF ブラックロック・インパクト・ワールド・エクイティ・ファンド*1」および「ICS インスティテューショナル・USトレジャリー・ファンド*2」に投資します。「BSF ブラックロック・インパクト・ワールド・エクイティ・ファンド」を主要投資対象ファンドとし、その組入比率を高位に保ちます。

*1 正式名称は、「ブラックロック・ストラテジック・ファンズ ブラックロック・インパクト・ワールド・エクイティ・ファンドクラスI投資証券(円建て円ヘッジまたは円建て)」です。
*2 正式名称は、「インスティテューショナル・キャッシュ・シリーズplc インスティテューショナル・USトレジャリー・ファンドエージェンシークラス投資証券(米ドル建て)」です。
※投資対象ファンドは、委託会社の判断により適宜見直しを行うことがあります。


2.主要投資対象ファンドは、ブラックロック独自の計量モデルを活用し運用します。

■計量モデルとは、市場や株価の動きを計量的な数式で捉えようとするものです。大量の投資情報を活用し、リターン獲得を図るためのツールです。


3.当ファンドは、為替ヘッジの有無により、「限定為替ヘッジあり」と「為替ヘッジなし」があります。


ファンドのリスク(詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。)

基準価額の変動要因

ファンドの基準価額は、組入れられている有価証券の値動きの他、為替変動による影響を受けます。これらの信託財産の運用により生じた損益はすべて投資者の皆様に帰属します。したがって、当ファンドは元金および元金からの収益の確保が保証されているものではなく、基準価額の下落により投資者は損失を被り、元金を割り込むことがあります。また、投資信託は預貯金と異なります。当ファンドにかかる主なリスクは以下の通りです。

株価変動リスク、為替変動リスク、中小型株式投資のリスク、カントリー・リスク、債券投資のリスク、デリバティブ取引のリスク

ファンドのリスクの詳細はこちら
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/限定為替ヘッジあり)
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/為替ヘッジなし)

費用・手数料等(詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。)

●投資者が直接的に負担する費用
購入時手数料:ありません。
信託財産留保額:ありません。

●投資者が信託財産で間接的に負担する費用

【運用管理費用(信託報酬)】
実質的な負担:ファンドの実質的な運用管理費用(A+B)は、ファンドの純資産総額に対して年0.95944%(税抜0.918%)程度となります。
(A)ファンドの純資産総額に対して年0.55944%(税抜0.518%)の率を乗じて得た額
※運用管理費用(信託報酬)は、毎計算期間の最初の6ヶ月終了日および毎計算期末、または信託終了のときファンドから支払われます。
(B)主要投資対象ファンドの運用管理費用(投資対象ファンドから支払われます。)年0.40%

【その他の費用・手数料】

目論見書の作成費用、運用報告書の作成費用、ファンドの財務諸表監査に関する費用等の諸費用について、ファンドの純資産総額の年0.108%(税抜0.10%)を上限として、毎計算期間の最初の6ヶ月終了日および毎計算期末、または信託終了のときファンドから支払うことができます。ファンドの諸経費、外貨建資産の保管費用等について、その都度、ファンドから支払われます。また、主要投資対象ファンドに係る保管報酬および事務処理に要する諸費用等並びに副次的投資対象ファンドの報酬等が別途投資対象ファンドから支払われます。※その他の費用・手数料については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。
※当該手数料および費用等の合計額については、ファンドの保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。
※運用管理費用(信託報酬)およびその他の費用・手数料は、消費税および地方消費税に相当する金額を含みます。

費用・手数料等の詳細はこちら

ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/限定為替ヘッジあり)
ブラックロック・インパクト株式ファンド(ノーロード/為替ヘッジなし)

本資料に関してご留意いただきたい事項

お申込みの際は、必ず投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面の内容をご確認ください。

●本資料は、当ファンドの特色や投資対象、リスク要因および留意点についてご理解を深めていただく目的でブラックロック・ジャパン株式会社が作成した販売用資料です。
●当ファンドの基準価額は、当ファンドに組入れられている有価証券等の値動きの他、為替変動による影響を受けますが、これらの運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属いたします。元金が保証されているものではありません。
●当ファンドは、預貯金や保険契約とは異なり、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また販売会社が登録金融機関の場合、投資者保護基金の対象にはなりません。
●当ファンドを取得される場合には、投資信託説明書(交付目論見書)をお渡しいたしますので、必ず内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。●本資料はブラックロック・ジャパン株式会社が信頼できると判断した資料・データ等により作成いたしましたが、その正確性および完全性について保証するものではありません。また使用されるデータ等は過去のものであり、今後の成果を保証・約束するものではありません。
●本資料の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。

 

 

 

 


ブラックロック・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第375号
加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会