株式

iシェアーズ MSCI タイETF

ファンド概要

Loading

ファンドの実績

ファンドの実績

パフォーマンス 推移

該当事項はありません。
拡大する

分配金の履歴

権利落ち日 分配金単価 (インカム収入)
拡大する
  1年 3年 5年 10年 設定来
1.66 -0.01 3.62 5.04 5.87
インデックス (%)

日付 2021年12月31日

1.89 0.30 3.91 5.27 6.19
  年初来 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 1年 3年 5年 10年 設定来
1.66 6.36 4.13 -0.87 1.66 -0.03 19.45 63.48 119.32
インデックス (%)

日付 2021年12月31日

1.89 6.25 3.69 -0.51 1.89 0.89 21.14 67.20 128.42
  2017 2018 2019 2020 2021
トータル・リターン(%) 30.97 -8.77 8.87 -9.67 1.66
インデックス (%) 31.41 -8.63 9.29 -9.40 1.89
『パフォーマンスの推移』『運用実績』『分配金の履歴』に記載のデータは過去の運用実績を示すものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
『パフォーマンス推移』のグラフに記載の情報は、ファンドに10,000米ドル投資し、分配金(税引前)を当該ファンドに再投資したと仮定して算出したものです。ファンドの保有にかかる費用(運用報酬、管理報酬その他の費用)については、費用控除後のパフォーマンスを表示しています。
『運用実績』の表に記載の情報は、期中の収益が全ての再投資されることを前提に算出したものです。ファンドの保有にかかる費用(運用報酬、管理報酬その他の費用)については、費用控除後の実績を表示しています。トータルリターンは、税引前分配金を再投資したものとして算出した累積投資基準価額により計算しています。
『分配金の履歴』の表に記載の情報は、ファンドの分配方針に則って過去に決定及び支払いが行われた分配金の単価を表示しています。将来の分配金の支払い及びその金額について保証するものではありません。運用状況によっては、分配金が支払われない場合があります。

ファンドの詳細

ファンドの詳細

純資産総額 日付 2022年1月18日 USD 398,758,123
設定日 2008年3月26日
資産分類 株式
発行済口数 日付 2022年1月18日 5,250,000
取引所 NYSE アーカ
インデックス MSCI タイ IMI 25/50 インデックス
インデックス・ティッカー M1TH5IM
保有銘柄数 日付 2022年1月14日 126
CUSIP 464286624
終値 日付 2022年1月18日 76.10
取引高 日付 2022年1月18日 43,808
30 Day Avg. Volume 日付 2022年1月18日 68,700.00
30 Day Median Bid/Ask Spread 日付 2022年1月18日 0.13
ノン・フェアバリュー基準価額 76.09

ポートフォリオの特性

ポートフォリオの特性

株価収益率(PER) 日付 2022年1月17日 24.10
株価純資産倍率(PBR) 日付 2022年1月17日 2.24
ベータ値 日付 2021年12月31日 1.04
標準偏差(%、3年) 日付 2021年12月31日 26.73%
過去12ヶ月分配金利回り 日付 2021年12月31日 3.16%
上記のデータは過去または直近の状況を示したものであり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

サステナビリティ特性

サステナビリティ特性

サステナビリティ特性は、投資家の皆様に従来とは異なる具体的な評価指標を提供します。他の指標や情報と合わせて活用することにより、特定の環境、社会、ガバナンスについてファンドを評価することができます。サステナビリティ特性は、現在または将来のパフォーマンス、及びファンドの潜在的なリスクとリターン特性を示唆するものではなく、開示は透明性の確保と情報提供のみを目的としています。また、サステナビリティ特性は単独で使用すべきものではなく、投資家がファンドを評価する際に考慮しうる情報のひとつです。


当指標は、ESG要因のファンドへの組み入れの有無、また組み入れの方法を示すものではありません。当指標は、ファンドの目論見書に投資目的に関わる記載が別途ある場合を除き、ファンドの投資目的を変更、またはファンドの投資対象を制限するものではありません。また、ファンドがESGやインパクトに焦点を当てた投資戦略やスクリーニングを行うことを示唆するものではありません。ファンドの投資戦略の詳細については、ファンドの目論見書を参照してください。


サステナビリティ特性に関するMSCIのメソドロジーは当ページ下部のリンクからご確認いただけます。

MSCI ESGファンドレーティング(AAA~CCC) 日付 2022年1月7日 A
MSCI ESGカバー率(%) 日付 2022年1月7日 84.50
MSCI ESGクオリティスコア(0~10) 日付 2022年1月7日 5.81
MSCI ESGクオリティスコア - ピア比較パーセンタイル 値 日付 2022年1月7日 29.53
リッパー・グローバル分類 日付 2022年1月7日 Equity Emerging Mkts Global
ピアグループ内ファンド 日付 2022年1月7日 1,246
MSCI加重平均炭素排出原単位 カーボン排出量(単位:トン)/売上高(単位:百万米ドル) 日付 2022年1月7日 775.62
MSCI加重平均炭素強度カバー率(%) 日付 2022年1月7日 98.57
MSCI Implied Temperature Rise (0-3.0+ °C) 日付 2022年1月7日 > 3.0 °C
MSCI Implied Temperature Rise(ITR)カバー率 (%) 日付 2022年1月7日 96.52

ITR(Implied Temperature Rise)とは何か?その意味、計算方法、そしてこの将来の見通しに基づくフォワードルッキングな気候関連指標の前提条件と制約についてご説明します。


気候変動は人類史上最大の課題の一つであり、投資家にも多大な影響をもたらすと考えられます。気候変動問題に対処するため、世界の主要国の多くがパリ協定に署名しています。パリ協定の温度目標は、地球の温度上昇を産業革命前の水準と比較して2℃を十分に下回る水準、理想的には1.5℃に抑えることであり、これにより気候変動の最も深刻な影響を回避することができると考えられます。


ITR指標とは何か?

ITR指標は、企業やポートフォリオのパリ協定の温度目標との整合性を示すために使用されます。今世紀半ば(2050年〜2070年)頃までに排出量が正味ゼロになるまで削減されれば、この目標の達成が可能ということが科学上のコンセンサスとなっています。温室効果ガス排出ネット・ゼロ経済とは、排出量と除去量が均衡する経済のことをさします。


ITR指標はどのように計算されるのですか?

ITR指標は、ファンドの保有銘柄企業の現在の炭素強度と、企業による長期的な排出削減の可能性に着目して算出されます。世界経済における排出量が、ファンドの保有銘柄企業の排出量と同じトレンドをたどると仮定した場合、世界の気温は最終的にこの温度帯区分の範囲で上昇することになると推測されます。


なお、発行体企業が計算対象となります。MSCIのITR指標の算出方法と前提条件の概要については、こちらをご覧ください。


ITR指標は、ファンドの保有銘柄企業による長期的な排出削減の可能性を考慮に入れて算出されているため、将来の見通しに基づくフォワードルッキングな指標であり、制約を受ける可能性があります。そのため、ブラックロックはMSCIのITR指標を温度帯に区分けして開示しています。算出の際の不確実性と当指標の変動性を強調すべく、温度帯に区分けしています。

ITRイメージ

ITR指標の主な前提条件と制約は何か?

当指標は、複数の前提条件に依存するモデルに基づいて算出される、将来の見通しに基づくフォワードルッキングな指標です。また、モデルに入力するデータにも制約があります。重要なのは、手法の選択(例えば、時間軸、含まれる排出のスコープ、ポートフォリオにおける集計などの違い)により、データ提供者の間でITR指標に大きな違いが生じる可能性があるということです。

ITRの算出について一律に受け入れられている手法はありません。 ITRの算出に必要な一連のインプットについても、一律に合意されたものはありません。 現在のところ、インプットデータを入手できるかは資産クラスや市場によって異なります。時間の経過とともにデータがより入手しやすく正確になるにつれて、ITRの測定方法も進化し、異なるアウトプットが導き出される可能性があると考えています。 データが入手できない場合、および/またはデータが変更された場合の推定方法は異なります(特に企業の将来の排出量に関するデータ)。


ITR指標は、パリ協定の温度目標に対するファンドの整合性を推定するものです。しかし、これらの推定値に到達することを保証するものではありません。また、ITR指標はリアルタイムの推定値ではなく、時間の経過とともに変化する可能性があるため、変動しやすく、常に最新の推定値を反映しているとは限りません。


ITR指標は、ファンドのパフォーマンスやリスクを示唆または推定するものではありません。投資家の皆様は、投資判断の際に当指標には依拠せず、ファンドの目論見書およびその他のドキュメントをご参照ください。また、ファンドのITR指標と将来の投資パフォーマンスとの間に何らかの相関関係があることを示すことを意図したものではありません。

すべてのデータは、2021年11月30日 の保有状況に基づき、2022年1月7日 のMSCI ESGファンドレーティングから取得したものです。したがって、ファンドのサステナビリティ特性は、直近のMSCI ESGファンドレーティングとは異なる場合があります。

MSCI ESGファンドレーティングは、ファンドの65%以上(グロス・ウェイト)の保有銘柄がMSCI ESGリサーチの対象となっているファンドに付与されます(MSCIによるESG分析に関係しないと見なされる現金ポジションややその他の資産は、リサーチ対象銘柄のグロス・ウェイトを算出する際に控除されます。ショートポジションの絶対値は算出に含まれますが、リサーチの対象外として扱われます。)また、銘柄の保有状況は1年以内の基準日のものとし、ファンドには10銘柄以上が必要です。新規に立ち上げたファンドの場合、サステナビリティ特性は通常立ち上げから6か月後に開示されます。

ビジネス関与

ビジネス関与

ビジネス関与指標は、特定のビジネス活動へのファンドのエクスポージャーについてより包括的な情報を提供することを目的としています。


当指標は、ファンドの目論見書に投資目的に関わる記載が別途ある場合を除き、ファンドの投資目的を変更、またはファンドの投資対象を制限するものではありません。また、ファンドがESGやインパクトに焦点を当てた投資戦略であることやネガティブスクリーニングを行うことを示唆するものではありません。ファンドの投資戦略の詳細については、ファンドの目論見書を参照してください。


ビジネス関与に関するMSCIのメソドロジーは当ページの下部にあるリンクからご確認いただけます。

MSCI – 問題兵器類 (Controversial Weapons) 日付 2022年1月17日 0.00%
MSCI - 国連グローバル・コンパクト違反 日付 2022年1月17日 0.00%
MSCI - 核兵器 日付 2022年1月17日 0.00%
MSCI - 一般炭 日付 2022年1月17日 1.04%
MSCI – 民間用銃器 日付 2022年1月17日 0.00%
MSCI - オイルサンド 日付 2022年1月17日 0.00%
MSCI - タバコ 日付 2022年1月17日 0.00%

ビジネス関与カバー比率​ 日付 2022年1月17日 99.87%
カバーされていない比率(%)​ 日付 2022年1月17日 0.13%
上記の一般炭およびオイルサンドに関するビジネス関与エクスポージャーは、MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンドの売上構成比率が5%以上の企業を対象として算出し開示します。MSCI ESGリサーチの定義による一般炭またはオイルサンド事業から売上のある企業へのエクスポージャー(売上構成比率が0%以上の場合)は以下のとおりです。一般炭 8.48% およびオイルサンド 0.00%

ビジネス関与指標は、MSCI ESGリサーチが提供する企業のビジネス関与データを使用してブラックロックが算出しています。ブラックロックはこのデータを活用し、ファンドにおける上記のビジネス関与が認められる企業の保有状況を集計し、市場価値エクスポージャーに換算します。


ビジネス関与指標は、MSCIが調査を実施し、対象となるビジネス活動に関与していると判断する企業のみを特定します。そのため、MSCIの調査対象外に追加のビジネス関与が存在する可能性があります。この情報は、ビジネス関与のない企業の一覧を作成する目的で提供されるものではありません。また、ビジネス関与指標は、MSCI ESGリサーチの対象となる保有銘柄がファンドの1%以上(グロス・ウェイト)を占める場合のみ表示されます。

保有銘柄一覧

保有銘柄一覧