BLACKROCK INVESTMENT OUTLOOK

2019年 市場見通し

レポートのダウンロード

先般行われたブラックロック・グループの2019年アウトルックフォーラムでは、約100人の投資プロフェッショナルが世界経済の見通し、2019年の市場のテーマの特定、景気後退入りの懸念などのリスクについて議論を行い、各資産に対する見通しを再確認するために集結しました。そこで導き出されたブラックロックの見解について述べたいと思います。

投資テーマ

2019年には米国経済が景気サイクル後期に差し掛かかり、世界の経済や企業収益の成長が鈍化するとみています。米連邦準備理事会(FRB)の政策は、中立的なスタンスに近づくにつれて経済指標により大きく依存するようになると予想します。結果として、利上げ休止の可能性が不透明感をもたらす大きな要因となるとみています。リスクが上昇傾向にあり、リスクとリターンを慎重に調整する必要が出てきます。つまりポートフォリオを安定させる働きをするものとして国債を保有すると同時に、リスク・リターンの見通しが魅力的な資産に対して確信度の高いアロケーションを行う必要があります。

リスク

ブラックロックでは2019年に米国が実際に景気後退入りするリスクは低いとみていますが、市場は景気が近々悪化するとの懸念に対し脆弱になっています。金融政策が依然として緩和的で景気過熱の兆候がほとんど見られず、金融面の脆弱性が高まっていない現状からは、景気拡大局面が続いていることが示唆されます。貿易摩擦と、テクノロジーセクターでの米中間の覇権争いが市場に影を落としています。1年前に比べると資産価格には貿易をめぐるリスクが広範囲に織り込まれたとみていますが、貿易摩擦をめぐる動向に変化が生じるたびに不安が高まると予想しています。欧州に関しては、景気の低迷を背景に中期的な政治リスクが懸念材料であるとみています。新興国市場では、各国固有のリスクが高まる可能性があると考えていますが、中国経済は当局による政策の緩和により安定化するとみています。

市場に対する見方

ブラックロックは債券よりも株式を選好しますが、その確信度は低下しました。株式ではクオリティが高い企業、つまり潤沢なキャッシュフロー、持続可能な成長、健全なバランスシートを持つ企業を選好します。地域別では米国株式を選好しますが、新興国株式のリスク対比リターンは改善するとみています。債券では、景気サイクル後半においてリスクオフにつながるイベントが生じた場合、ポートフォリオを安定させる働きをするものとして米国国債への選好を強めました。中でも短期から中期の米国債を選好し、デュレーションに対する見方をよりポジティブに修正しました。またクオリティが高いクレジットも選好します。ポートフォリオ全体では、欧州株式などの、上振れ余地が限定的である一方で下振れリスクが大きい地域への投資を慎重にみています。

 

経済成長の鈍化
米国、ユーロ圏および日本のブラックロック経済成長率GPS、2015–2018年

米国、ユーロ圏および日本のブラックロック経済成長率GPS、2015–2018年

出所:BlackRock Investment Institute、Bloombergのデータを使用。2018年12月時点。
注記:ブラックロックの経済成長率GPSは、市場の12カ月先のGDP成長率予想が3カ月後にどうなっているかを表します。将来の予想は実現しない場合があります。

レポートのダウンロード

 

※2018年12月時点の見方であり、その後の経済、市場の変動については反映しておりません。

※記載内容は、ブラックロック・グループ(以下、ブラックロック)が作成した英語版レポートを基に、ブラックロック・ジャパン株式会社が翻訳・編集したものです。記載内容は、情報提供を目的として作成されたものであり、特定の金融商品取引の勧誘を目的とするものではありません。また、米ドル建資産を中心としたグローバル投資において、主に米ドル建で各資産の評価を行った上で書かれたものです。日本の投資家が円から、外貨建資産に投資を行う場合に受ける為替変動の影響は考慮されていないことにご注意の上、参考情報としてご覧ください。記載内容は、日本に居住する個人投資家にはあてはまらない場合がある旨にご留意ください。その他ご注意点に関しては、必ず最終ページをご確認ください。

ブラックロック・インベストメント・インスティテュート(BII) チーフ・インベストメント・ストラテジスト
Head of Economic and Markets Research
チーフマルチアセットストラテジスト
チーフ株式ストラテジスト

重要事項
記載内容は、ブラックロック・グループ(以下、ブラックロック)が作成した英語版レポートを基に、ブラックロック・ジャパン株式会社(以下、弊社)が翻訳・編集したものです。記載内容は、情報提供を目的として作成されたものであり、特定の金融商品取引の勧誘を目的とするものではありません。また、米ドル建資産を中心としたグローバル投資において、主に米ドル建で各資産の評価を行った上で書かれたものです。記載内容は、日本に居住する個人投資家にはあてはまらない場合がある旨にご留意ください。日本の投資家が円から、外貨建資産に投資を行う場合に受ける為替変動の影響は考慮されていないことにご注意の上、参考情報としてご覧ください。また、日本のお客様の知識、経験、リスク許容度、財産の状況及び金融商品取引契約を締結する目的等を勘案したものではありません。記載内容は、ブラックロック及び弊社が信頼できると判断した資料・データ等により作成しましたが、その正確性および完全性について保証するものではありません。また、記載内容の各種情報は過去のもの又は見通しであり、今後の運用成果を保証するものではなく、本情報を利用したことによって生じた損失等について、ブラックロック及び弊社はその責任を負うものではありません。記載内容の市況や見通しは作成日現在のブラックロックの見解であり、今後の経済動向や市場環境の変化、あるいは金融取引手法の多様化に伴う変化に対応し、予告なく変更される可能性があります。また、ブラックロックの見解、あるいはブラックロックが設定・運用するファンドにおける投資判断と必ずしも一致するものではありません。

投資リスク・手数料について
・投資信託に係るリスクについて
投資信託の基準価額は、組入れられている有価証券の値動きの他、為替変動による影響を受けます。これらの信託財産の運用により生じた損益はすべて投資者の皆様に帰属します。したがって、投資信託は元金および元金からの収益の確保が保証されているものではなく、基準価額の下落により投資者は損失を被り、元金を割り込むことがあります。また、投資信託は預貯金と異なります。また、投資信託は、個別の投資信託毎に投資対象資産の種類や投資制限、取引市場、投資対象国等が異なることから、リスクの内容や性質が異なりますので、ご投資に当たっては各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

・手数料について
弊社が運用する公募投資信託については、ご投資いただくお客さまに以下の費用をご負担いただきます。

■ 直接ご負担いただく費用
お申込み手数料: 上限4.32%(税抜 4.0%)
解約手数料: ありません。
信託財産留保額: ファンドによっては、信託財産留保額がかかる場合もあります。
投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面の内容をご確認ください。

■ 投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用
信託報酬: 上限2.56824%(税抜 2.378%)程度

■ その他の費用
上記以外に保有期間等に応じてご負担いただく費用があります。(その他の費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。)
※リスク及び手数料の詳細につきましては、投資信託説明書(交付目論見書)等でご確認ください。

MKTGH1218A-692385-1/4