Skip to content

運用体制のご紹介

世界最大の資産運用会社であるブラックロックは、受託者としてお客様に幅広い資産運用サービスを提供しています。
ブラックロックの運用体制は、世界各国に配した約2,000名超の運用プロフェッショナルからなり、各運用プラットフォームが独自の戦略と哲学、 プロセスを基に運用を行う仕組みとなっています。

(2019年3月現在)

 

アクティブ株式運用プラットフォーム

ファンダメンタル株式運用部門と科学的アクティブ株式運用部門から構成され、世界のあらゆる地域、スタイル、セクターを含む広範囲な株式戦略を提供しています。

マーク・ワイズマン
Mark Wiseman
アクティブ株式運用プラットフォーム グローバルヘッド

ファンダメンタル株式運用部門

グローバルなネットワークの情報力を活用した銘柄選択や精緻なリスク管理等を強みとします。

ナイジェル・ボルトン
Nigel Bolton
ファンダメンタル株式運用部門共同CIO 兼 先進国市場CIO
ベリンダ・ボア
Belinda M. Boa
ファンダメンタル株式運用部門共同CIO 兼 新興国市場CIO

科学的アクティブ株式運用部門

独自の計量モデルを用いた科学的な運用により、リターン、リスク、コストの最適なバランスをふまえ投資効率を最大化させた運用を行います。

ラファエル・サヴィ
Raffaele Savi
アクティブ株式運用共同CIO 兼 科学的アクティブ 株式運用部門共同ヘッド
ジェフ・シェン
Jeff Shen
アクティブ株式運用共同CIO 兼 科学的アクティブ株式運用部門共同ヘッド

債券運用プラットフォーム

世界中の幅広い投資先、戦略を通じて、債券の包括的なプラットフォームを提供しています。 1988年、ブラックロックのビジネスはファンダメンタル債券運用から始まりました。

リチャード・クッシェル
Richard Kushel
債券運用プラットフォーム グローバルヘッド

ファンダメンタル債券運用部門

ファンダメンタル債券運用は、様々なセクターにまたがった緻密な分析によるボトムアップの投資機会の発掘と、各プロセスにおけるリスク管理を組み合わせた運用を行います。

リック・リーダー
Rick Rieder
債券運用グローバルCIO

定量債券運用部門

定量債券運用は、膨大なデータ、科学的調査にプロの深い知見を組み合わせることによって、債券の分野における新たな投資機会を追求します。

トム・パーカー
Tom Parker
定量債券運用部門CIO

ETF・インデックス投資プラットフォーム

多様なベンチマークに対応したインデックス運用(ETFを含む)およびお客様ニーズに沿ったソリューションの提供を行っております。

サリム・ラムジー
Salim Ramji
ETF・インデックス投資プラットフォーム グローバルヘッド

マルチアセット運用部門

多様な資産クラスへの配分を行います。中でも、アロケーション戦略は市場に応じて資産間の配分比率を柔軟に変更することにより、長期的に安定したリスク・リターンを目指す運用を行います。ブラックロックのグローバルなネットワーク、情報力とリスク管理体制により、緻密な運用体制を実現しています。

リチャード・クッシェル
Richard Kushel
マルチアセット戦略部門ヘッド
ピエール・サロー
Pierre Sarrau
マルチアセット戦略部門CIO

オルタナティブ運用部門

ヘッジファンド、ファンド・オブ・ヘッジファンド、ファンド・オブ・プライベート・エクイティ、プライベート/非流動性クレジット、不動産、インフラを含むオルタナティブ資産を運用しています。

マーク・ワイズマン
Mark Wiseman
オルタナティブ運用部門チェアマン