中国への投資ビッグデータの活用

ジェフ・シェン
ブラックロックにおけるアクティブ株式運用部門共同CIO兼科学的アクティブ株式運用部門共同責任者

リスクに関する留意事項:投資元本および投資収益は変動し保証されているものではありません。投資元本は回収できない可能性があります。

ジェフ・シェン、ブラックロックにおけるアクティブ株式運用共同CIO兼科学的アクティブ株式運用部門共同ヘッド

中国という世界有数の市場に関するビッグデータ分析は、中国に投資する世界の投資家に様々な情報を提供しています。

衛星画像や客足の動向(フット・トラフィック)などのビッグデータが示すシグナルは、企業の見通しを立てる上で有益です。この手法は、中国のように、その経済指標の正確さに投資家が不安を感じる国においては特に有効と考えられます。

ブラックロックは、そのデータを基に人工知能(AI)や機械学習などのモデルや分析ツールを用いて、株式をランク付けします。

プラスの投資成果が達成される保証があるわけではありません。ビッグデータの詳細な分析に定量運用の手法を組み合わせることで、より良いリターンを獲得できる可能性があります。

個人投資家のセンチメントを理解する

中国は株式市場と債券市場において世界第2位の規模を誇り1 、株式の取引高の80%以上を個人投資家が占めています2

1 出所:ブルームバーグ、2020年3月現在
2 出所:Goldman Sachs Investment Research、2019年9月現在

ソーシャルメディアやブログ、インターネット上の掲示板などが普及する前は、個人投資家のマインドを知ることは困難でしたが、現在では、大方の予想に反し、こうしたソーシャルメディア上で投資に関するオープンな議論が活発に行われ、参加者は中国全土に広がっています。 

個人投資家のセンチメント(企業の利益目標未達に対する懸念や、テクノロジー企業への関心の高まりなど)は、自然言語処理ツールを用いてインターネット上の膨大なコメントを収集・集約することで、追跡できるようになりました。

ブラックロックのアクティブ株式運用部門共同CIO兼科学的アクティブ株式運用部門共同責任者を務めるジェフ・シェンはこの状況を、「ビッグデータとビッグクラウド(大衆)との出会い」と表現しています。

シェンは次のように述べています。「インターネット上から得られる、こうした人々の情報は非常に有益です。なぜなら(このような情報を活用することで)世界で最も合理的に、経済や企業ファンダメンタルズに基づく投資を行える可能性があるからです。しかし、市場が非合理的な動きをするような場合には、合理性を重視する投資行動には向かい風の環境となります。」

リアルタイムの経済スナップショット

データとデジタル化は従来からある投資判断の方法に取って代わるものではなく、追加されるものです。つまり、最適なポートフォリオ構築を支援してくれるツールがさらに増えたということです。

例えば、中国の工業活動に関するリアルタイムの情報を得るために、衛星技術を用いて工場の建設や拡張に使われる金属の画像を撮影します。

約30分毎に撮影された画像をコンピュータースキャンすることで、金属の存在を示唆する「metalness金属性」と呼ばれる値を計測できるのです。同様に、工業用地に出入りするトラックの動きを分析・集計することもできます。

これらのデータは中国政府が独自の情報源に基づいて発表するデータを補完するものとなり、四半期ごとの経済活動の評価に頼ることなく、より早く傾向をつかむことにつながります。

しかも、マクロ情報だけでなくミクロ情報としても活用でき、企業Aと企業Bの経済活動を比較することもできます。

こうした情報を継続的にモニタリングすることで、株式のリターンとリスクを日々評価することができ、アクティブ投資の判断に必要な情報を提供してくれる投資のフレームワークとなります。

人間の知見に基づいた革新的なテクノロジー

ジェフ・シェンおよび彼の率いるチームは、革新的なAIと機械学習を活用し、長年シリコンバレーから運用を行っています。

当社では、ビッグデータは中国に投資する投資家にとって極めて重要なツールだと考えています。ただし、ビッグデータだけではうまく機能しないため、従来の市場分析と組み合わせて使用する必要があります。

シェンは、銀行のテラー(窓口業務担当)がその座をATMに奪われていないことを例に挙げ、米国では1970年代に比べて銀行のテラーがむしろ増えていることを指摘しました3 。自動化とデジタル化によって結果的に効率性が向上し、銀行のテラーは、助言やガイダンスなど、より付加価値の高いサービスを提供できるようになったのです。

「人間としての経験や経済に関する直観とビッグデータを組み合わせることで、他の投資家との競争上の優位に立つことができるでしょう」とシェンは語っています。

中国に関する豊富な情報と革新的なクオンツ手法の組み合わせは、中国への投資のリターンを高めたいと考える投資家にとって、十分検討に値するでしょう。

重要事項
当レポートの記載内容は、ブラックロック・グループ(以下、ブラックロック)が作成した英語版レポートを、ブラックロック・ジャパン株式会社(以下、弊社)が翻訳・編集したものです。また当資料でご紹介する各資産の見通し(米ドル建て)は、米国人投資家などおもに米ドル建てで投資を行う投資家のための見通しとしてブラックロック・グループが作成したものであり、本邦投資家など日本円建てで投資を行う投資家の皆様を対象とした見通しではありません。 記載内容は、米ドル建て投資家を対象とした市場見通しの一例として、あくまでご参考情報としてご紹介することを目的とするものであり、特定の金融商品取引の勧誘を目的とするものではなく、また本邦投資家の皆様の知識、経験、リスク許容度、財産の状況及び金融商品取引契約を締結する目的等を勘案したものではありません。記載内容はブラックロック及び弊社が信頼できると判断した資料・データ等により作成しましたが、その正確性および完全性について保証するものではありません。各種情報は過去のもの又は見通しであり、今後の運用成果を保証するものではなく、本情報を利用したことによって生じた損失等についてブラックロック及び弊社はその責任を負うものではありません。記載内容の市況や見通しは作成日現在のブラックロックの見解であり、今後の経済動向や市場環境の変化、あるいは金融取引手法の多様化に伴う変化に対応し予告なく変更される可能性があります。またブラックロックの見解、あるいはブラックロックが設定・運用するファンドにおける投資判断と必ずしも一致するものではありません。

 

MKTGH0121A/S-1443659