iシェアーズオートメーション & ロボット ETF

iシェアーズ オートメーション & ロボット ETF

iシェアーズ オートメーション & ロボット ETFは、ロボティクス関連産業に投資する国内初のETFです。

※出所:東京証券取引所のウェブサイトをもとにブラックロック調べ、2018年10月23日現在

拡大する世界のロボティクス関連産業

ロボティクス関連産業は、少子高齢化による労働力不足や新興国諸国の経済発展に伴う労働賃金の上昇などを背景に需要が拡大しています。また、ロボット開発の技術革新と開発コストの低下もロボティクス関連産業の拡大を後押ししています。

ロボットの導入は多大な資金を必要とすることから、従来は、大企業を中心に進んできました。しかし、開発コストの低下が進むことで、今後は中小企業においてもロボットの導入が進むことが予想されています。1
1.出所:国際ロボット連盟、Robots and the Workplace of the Future, March 2018

世界の産業用ロボットの出荷台数は、年々増加傾向に

図表1:世界の産業用ロボットの年間出荷台数(2008年~2020年*)

図表1:世界の産業用ロボットの年間出荷台数(2008年~2020年)

出所:国際ロボット連盟、Executive Summary World Robotics 2017 Industrial Robotsをもとにブラックロック作成。
*2017年以降は予想値

ロボット技術の革新:過去、未来、現在

1920年:「ロボット」という言葉は、カレル・チャペックの戯曲で初めて使われました。チェコ語の「強制労働」や「苦役」に由来しています。* ロボット技術発展の軌跡をショートビデオでご紹介します。(01:48)

*出所:オックスフォード英語辞典、「Robot」

Quotation start

世の中の仕事の45%は、既存の技術によるオートメーション化が可能だろう

Quotation end
マッキンゼー ’Four Fundamentals of Workplace Automation’, 2015年11月

世界のロボティクス関連産業を取り巻く環境

少子高齢化による労働力不足

2015年時点では、人口の30%以上が60歳以上の国は世界で日本のみでした。しかし、その数は2050年には、55カ国に達すると予想されています。2

図表2:60歳以上の人口が30%以上を占める国の数(2015年~2050年)

図表2:60歳以上の人口が30%以上を占める国の数(2015年~2050年)



2. 出所:国際連合、「世界人口予測2015年改訂版」、2015年7月。2020年以降は予想値

主要な製造業国の労働賃金の上昇

世界の製造業の中心である中国3における平均労働賃金は、2008年から2017年の間で約2.7倍に増加しました。

図表3:中国の製造業における平均労働賃金(年間)4

図表3:中国の製造業における平均労働賃金(年間)



3. 出所:House of Commons LIBRARY, Manufacturing: international comparisons by Chris Rhodes, 2018年1月
4. 出所:TRADINGECONOMICS.COM、中国統計年鑑、2017年12月

ロボット開発の技術革新と開発コストの低下

産業用ロボットの開発コストは、年々低下傾向にあります。例えば、米国における一般的なスポット溶接ロボットの総コストは、2005年~2014年で約27%低下しており、2025年までにさらに23%低下すると予想されています。5

2015年時点での一般的なロボットの1時間当りのコストは28米ドルですが、2020年には20米ドルまで低下することが予想されています。5

5. 出所:ボストン・コンサルティング・グループ、How Robots Will Redefine Competitiveness、2015年9月。スポット溶接ロボットの総コストは、米国の自動車産業におけるスポット溶接ロボットの購入から実装までの総コスト、2014年時点。物価上昇率は反映していません。

 

iシェアーズ オートメーション &
ロボット ETFについて

 

  1. ロボティクス関連産業に投資する国内初のETFです。6

    6. 出所:東京証券取引所のウェブサイトをもとにブラックロック調べ、2018年10月23日現在

     

  2. 信託報酬は、0.48%程度
    グローバル・ロボティクス関連株式ファンドの中で最低水準です。

    図表4:グローバル・ロボティクス関連株式ファンドの信託報酬の比較7

    図表4:グローバル・ロボティクス関連株式ファンドの信託報酬の比較

    7. モーニングスターのファンド・カテゴリーで「国際株式・グローバル・含む日本」に分類されるロボット関連投信をユニバースとし、アクティブ型投資信託はアクティブ型投信全6商品、インデックス型投資信託は全2商品の信託報酬(税抜)の平均値。2018年10月12日時点で公表されている各投資信託の目論見書をもとにブラックロック作成。

     

  3. ロボティクス関連産業は、世界の主要な株式市場を上回るパフォーマンスを上げています。

    図表5:iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックス(TTM、円換算)とグローバル株式市場を投資対象とする代表的な指数のパフォーマンス比較(期間:2011年6月20日~2018年9月28日)

    図表5:iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックス(TTM、円換算)とグローバル株式市場を投資対象とする代表的な指数のパフォーマンス比較(期間:2011年6月20日~2018年9月28日)

    出所:ブルームバーグ
    上記は、今後の当ファンドのパフォーマンスを示唆するものではありません。
    各指数の2011年6月20日時点の値を100として指数化。
    iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックス(TTM、円換算)の算出開始日は、2016年6月21日であり、それ以前のパフォーマンスは、同指数の計算式に基づいて遡及計算されたものであり、実際のパフォーマンスではありません。

     

連動を目指す指数について

iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックスは、7,700以上の国内外の企業を母集団とし、その中から「製造ロボティクス」、「無人自動車」、「3Dプリンティング」、「人工知能」をはじめとする40以上の分野で技術開発を行い、かつこれらの事業の収益が企業収益全体の50%以上を占める国内外の企業から構成されます。

連動を目指す指数について

8. 浮動株:発行されている株式の中で、安定した株主に保有されておらず、市場に流通する可能性の高い株式
※上記の指数に関するデータは、「iSTOXX METHODOLOGY GUIDE, JULY 2018」をもとにブラックロック作成

テーマ型ETFの誕生について

従来、テーマ型ファンドは特定のテーマに特化する企業を特定したり、調査したりすることの難しさから、アクティブ型ファンドを通じた投資が一般的でした。 しかし、技術革新や企業データの急増等を背景に、特定のテーマに特化する企業を定量的かつルールに基づいて選定する指数の開発が可能になりました。
ブラックロックは、アクティブ運用およびパッシブ運用の専門性を活かし、膨大な企業分析データを有するファクトセット社と世界有数の指数提供会社であるストックス社とともに「iSTOXX ファクトセット オートメーション アンド ロボティクス インデックス」を開発しました。そして、同指数への連動を目指すiシェアーズ ロボティクス ETFが日本で最初のロボティクス関連ETFとして誕生しました。

 

 

【iシェアーズETFに関して】
iシェアーズETFの記載は、ブラックロック・インク、ブラックロック・ジャパン株式会社を含むそのグループ会社(以下、「ブラックロック」といいます。)が設定・運用等を行う国内上場投信および外国籍ETFであるiシェアーズETFに関する情報を含む投資情報の提供を目的として作成されたものです。本ウェブサイトは、本邦での募集の取扱等に係る金融庁への届出等がされていない海外ファンド等について投資の勧誘等を目的とするものではありません。

本サイトに記載された情報に基づいて利用者がとった行動により利用者が何らかの損害を被ったとしても、弊社は一切責任を負うものではありません。運用実績は、ファンドの基準通貨で表示されています。円で投資した場合の運用実績は、為替変動の影響により、表示された運用実績とは異なることがあります。個別の銘柄に関して、より詳細な情報が現地のサイトに掲載されていることがありますので、必要に応じてご参照ください。また、本サイトに記載された情報は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。
本サイトの内容につきましては、iシェアーズETFの設定あるいは上場されている国、地域の事情により、変更あるいは更新の作業が遅れている場合があります。
なおiシェアーズETFとは、ブラックロックが日本を含む世界各国で設定・運用する上場投資信託等を示す登録商標であり、個別商品を指すものではありません。

【ご投資にかかる手数料等およびリスクについてのご留意いただきたい事項】
本サイトでご紹介するiシェアーズETFにご投資いただく際には、取扱い金融商品取引業者(証券会社等)の定める手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。iシェアーズETFは、連動する指数等の変動により、投資元本を割り込むおそれがあります。なお、iシェアーズETFへ投資をされる場合は、取扱い金融商品取引業者へお問合せいただき、上場有価証券等書面を予め十分にお読みいただき、投資にかかる手数料等およびリスクについてご確認の上、ご自身の判断でなさるようお願い致します。
iシェアーズETFを取引する際に、投資家の皆様が負担する主な費用には下記のものがあります。

【売買時の手数料】
iシェアーズETFを売買する際の手数料は取扱い金融商品取引業者によって定められます。詳しくは取扱い金融商品取引業者までお問い合わせください。また、海外上場のiシェアーズETFの場合には、売買時の手数料の他に、為替の取引や外国金融商品市場等における費用等が別途発生することがあり、これらの費用等はお客様の負担となります。

【保有時の費用】
iシェアーズETFの保有期間中は運用管理費用等を間接的にご負担いただきます。保有時の費用の率(総経費率)は個別のETF毎によって異なり、また運用状況や保有期間等に応じて異なることからその上限額を示すことはできません。個別のETFの情報については本ウェブサイトの各ファンドページにてご確認いただけます。

個別のインデックスに係る使用条件等については、こちらをご覧ください。
iシェアーズETFに関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

 

MKTG1118A-655018-2030699