~ご挨拶~

よりよい高齢化社会に向けて

2016年 ロバート S カピート

ブラックロック・リタイアメント・インスティチュート(以下、BRI)よりご挨拶申し上げます。ブラックロックは、「リタイアメントと高齢化問題」について皆様とともに考え、より良い選択のために必要な情報を発信してゆく場として、当サイトを開設いたしました。

この数十年で、世界の平均寿命は、医学の進歩、栄養状態の改善、危険を伴う労働の減少など様々な要因により、着実に伸びてきています。しかし、このかつてない高齢化社会に対する社会の理解や対応は未だ昔のままで、その変化に追いついていません。

学校卒業後に働き始め、数十年後に退職し、十分な年金を受け取りながら老後を過ごす。かつては可能だった筋書きは、徐々に現実に合わなくなってきています。ところが、この変化に適切に対応できている個人、企業、コミュニティ、国家はほとんど見当たりません。その結果、本来喜ぶべき高齢化を皆、憂慮する事態が訪れているのです。

平均寿命が延びるということは、本来ならば多くの人に希望をもたらすはずです。しかし、社会が「高齢化の恩恵」を得るためには、職場環境、医療、金融サービスなど多くの領域において変革が必要です。そして正しい変革を遂げるには、新しい考え方が必要であると考えます。

ブラックロックは、世界最大*の資産運用会社(当社で運用する資金の3分の2が退職後所得の重要な原資である年金性資金)として、世界中の人々が尊厳と安心を持って第二の人生を過ごせるお手伝いをすることに特別の責任を負っていると考えています。そこで、BRIという研究機関を通じ、金融という枠組みを超えた多くの専門家とともに、“リタイアメントと高齢化問題”の根源的な問題を見つめ直し、考察を行い、広く発信していくことを目指しています。

ブラックロックはBRIという研究機関を通じ、
リタイアメントと高齢化問題の根源的な問題を
見つめ直し、考察を行い、広く発信していくことを
目指します。

当サイトでは、退職後の資金準備について、ご参考になる情報を紹介します。また、資金準備のための情報提供にとどまらず、世界中の人々が尊厳と安心を持って第二の人生を過ごすためにどうしたらいいのかを考察していきます。高齢化をめぐる課題解決には、金融の枠組みだけに囚われず、複数の分野にまたがる包括的な取り組みが重要であると考え、医療、テクノロジー、労働問題、公共政策等についても取り上げてゆきます。その中では、各方面の第一人者の方々の知見を集め、実践的で革新的なアイディアを生み出していきたいと考えています。

改めまして、この度は当サイトを訪れていただき、本当に有難うございます。当サイトが、世界が直面しているリタイアメントと高齢化をめぐる問題について理解を深めていただき、何らかの行動をおこしていただくきっかけになれば、これほど嬉しいことはありません。

* 出所: Pensions & Investments “WORLD’S LARGEST MONEY MANAGERS” as of Dec. 31, 2014ブラックロック 資産残高円換算レート:1ドル=119.90円(WMロイター、2014年12月末時点)

Rob Kapito Signature
ロバート S カピート
ブラックロック社長
グローバル・オペレーティング・コミッティおよびブラックロック・グローバル・エグゼクティブ・コミッティのメンバー。運用部門、クライアント・ビジネス、商品開発部門、テクノロジー&オペレーション及びリスク・クオンツ分析部門といった主要部門の監督責任者。また、iShares Inc.のディレクターも務める。
ブラックロック社長
グローバル・オペレーティング・コミッティおよびブラックロック・グローバル・エグゼクティブ・コミッティのメンバー。運用部門、クライアント・ビジネス、商品開発部門、テクノロジー&オペレーション及びリスク・クオンツ分析部門といった主要部門の監督責任者。また、iShares Inc.のディレクターも務める。