Q: 現在のお仕事について教えてください
A: 内外国株式のトレーディング業務に従事しています。トレーディングとは、ポートフォリオ マネジャーの作成した売買案を実際に市場(株式市場)で取引を行うことです。私たちは常に最良執行を求められております。最良執行とは、弊社はお客様の資金をお預かりしている立場から、お客様にとって最も良い取引をしなければならないということです。そのために次の3つを重要視しています。
1つめは、執行分析・市場分析です。執行には手数料やマーケットインパクト等、コストが必ずかかります。それをなるべく低減するために日々分析を行っています。また、市場分析は、市場が急変したときに適切な対応をする必要があるために重要です。2つめは、ポートフォリオマネジャーとの密接なコンタクトです。お客様の求めるニーズがどこにあり、そこから考え得る執行方法はどのようなものがあるのかを話し合う必要があるからです。また、マーケットの状況や売買案の内容によってポートフォリオマネジャーが想定しているポートフォリオの構築から乖離することがあるため、密接に連携して仕事をしています。そして3つめは、証券会社とのパートナーシップの充実です。証券会社は市場に最も近い存在ですから、有益な情報の取得やよりコストを下げるための執行方法の相談などを行っています。
このようにトレーディングは、社内、社外、そして市場とも常に対話が求められる仕事です。

Q: あなたの仕事のどんなところにやりがいを感じますか?
A: 大きく分けて主に3点あります。1つめは、常日頃、刻々と変わるマーケッ トと対峙できることです。マーケットは常に変化しており、一度過ぎ去るともう戻ってきません。そして将来もどう動くかわからないものです。しかし、その分からないものが自分の分析による想定通りに動いたとき、何とも言えないうれしさがあります。このマーケットと日々対峙することに非常にやりがいを感じる ことができます。2つめは、多額の資金を運用させていただいていることです。ブラックロックは、お客様からお預かりした多額の資金を運用させていただいています。取引額が大きいためプレッシャーも強く、執行分析や手法においても様々なことを考えなければなりません。ただ、プレッシャーが強い分、達成できたときにはこれ以上なく仕事してよかったと感じます。3つめは、日本オフィスだけでなく、グローバルで仕事ができることです。常に世界中のブラック ロックとコンタクトを取りながら仕事をしております。皆で最良執行するためにはどうすればよいのかを考え、アイディアを出し合っています。そのような環境下で仕事をすることは、自分の成長に役立つとともに、自分を奮い立たせる動機付けになっていると感じています。

Q: ブラックロックへの入社を決めた理由は何ですか?
A: 私がブラックロックという会社に入社した動機は2点あります。1つは、自分が成長できる職場環境があることです。ブラックロックでは常に皆でアイディアを出しながら仕事をしています。最良に執行するためにはどうすればよいか、この難題について本気で取り組んでいるのです。他の人のアイディアを聞くことは自分の知識活性につながりますし、また分析して情報発信をすることを奨励する企業風土は、常に自分で考えるというモチベーションになり、それが自分の成長を促していると思います。2つめは、グローバルに仕事をすることで世界を肌で感 じたいからです。マーケットや経済というのはグローバルで動いているものであり、仕事は日本で完結できないものであると考えています。そのため、日々世界中のブラックロックとコンタクトを取って仕事ができるということは非常に魅力的でした。そしてこれらの理由は入社時だけでなく、実際に仕事をしている今でもプラックロックで働きたいと思う理由です。

Q: どのように仕事とプライベートのバランスを取っていますか?
A: 何事もとことんやる、が自分のモットーですので、仕事をするときはする、勉強するときは勉強する、そして遊ぶときは遊ぶと区切りをつけたライフワークを送っています。そのため土日のどちらかは趣味であるサッカーをして汗を流し、気分転換をしています。また、食事やお酒が大好きなので、週末は友人と一緒に過ごしていることが多いです。一方で、土曜日は大学院にいき最先端の分析手法を教授から学んでいます。仕事ばかりしているとアウトププットだけになってしまい、幅広い仕事をこなすことができなくなってしまうと感じています。いい仕事をするにはインプットも必要だと思います。大学院で得た知識を仕事に活かす、これを繰り返して自分を成長させています。このように、仕事、趣味、勉強と多彩なライフワークを通じて自分のバランスを取っています。

Q: 学生の皆さんにメッセージをお願いします
A: どの会社に入社するにしても、絶対に妥協せず悔いないようにすることが大事だと思いま す。もちろん、実際に入社するまでどのような会社なのかはわかりませんが、直接その企業の人に会って話を聞いたり、自分が本当にやりたい仕事は何かを考えてほしいです。文章にすると簡単ですが、これを実行するのは難しいと思います。ただ、どの会社に入るかはこの先の人生にも影響するのですから、熟考・再考をして自分の道を探してみてください。皆さんの就職活動が成功することを願っています。

(2011年入社)


ブラックロック・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第375号
加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会