ブラックロックは、アメリカ、欧州、アジア太平洋地域とオーストラリアにオフィスを擁しており、資産運用会社の中で世界最 大級の会社です。当社は、グローバルにビジネスを展開する強みと、お客様にとって最適なソリューションをお届けするためのインフラを最大限に活用すること により、60ヶ国以上のお客様にサービスを提供しております。

  • ブラックロックのオフィス一覧は、ここをクリック
  • 当社の部門に関する情報や、人材募集に関する詳しい情報は、以下のリンクからご参照ください。

営業部門

ブラックロックでは、営業部門において、企業、公的、共済組合などの年金基金、財団、銀行、保険会社、投資信託など、世界中の機関投資家と個人顧客 に運用商品やサービスを提供しています。当社は、リレーションシップ・マネジメント、マーケティング、セールス、クライアント・サービス、商品の開発及び 管理といった多くの分野に専門性を持つプロフェッショナルを配置し、組織横断的なチームワークを構築することによって質の高いサービスを継続的に提供でき る体制を整えています。
これらチームのプロフェッショナルは、お客様の投資ニーズに見合った運用商品、リスク管理、そしてコンサルティング・サービスを提供します。

リテール部門では証券会社や銀行等の販売会社を通じて、個人投資家に運用商品(投資信託)や情報提供などのサービスを提供しています。
また、他の運用会社に対して、サブ・アドバイザーとして当社の運用手法を提供する場合もあります。
個人投資家の顕在的・潜在的ニーズに確りとお応えできるよう、投資信託部を中心として、マーケティング部・商品開発部及びポートフォリオ・マネージメント・グループなどとの連携体制を整えています。

iシェアーズ事業部-iシェアーズ(iShares)と はブラックロック・グループが設定・運用する上場投資信託 (ETF-Exchange Traded Funds)のブランドで、世界のETF市場の40%近いシェアを占めるマーケット・リーダーです。iシェアーズ事業部は、日本におけるiシェアーズ ETFの利用拡大に努めています。


営業部門に所属する社員を紹介します:

営業部門 機関投資家営業本部 機関投資家営業第2部
営業部門 リテール営業本部 リテール営業部


運用部門

ブラックロックでは、徹底した定性・定量的リサーチを通じて得られる資本市場への知見を多様な運用手法を通じてお客様のポートフォリオに反映させています。

ブラックロックの運用は、株式、債券、マルチアセットやヘッジファンドを中心とするオルタナティブ投資など多岐にわたります。各商品の運用は、それ ぞれの戦略・市場で経験を積んだ運用プロフェッショナルで構成される専任のチームが担います。そして、機関投資家から個人投資家までと幅広いお客様に対し て、ブラックロックのポートフォリオ管理の専門性とリスク管理分析のサービスを提供しております。こうした運用部門(PMG-ポートフォリオ・マネジメン ト・グループ)には、さまざまなキャリア形成の機会があり、なかには他部門から運用部門へ社内異動するケースもあります。

当社のポートフォリオ・マネジャーは、リサーチ、トレーディング及びリスク管理のプラットフォームを共有することで、世界に広がる運用チームの投資 アイデアを積極的に活用することができます。一例として、当社独自開発のリスク管理システムの一部であるガリレオ(GalileoTM)は、企業調査とそ の分析結果をオンラインで提供し、その情報を債券及び株式のポートフォリオ管理に活用します。ブラックロックでは、社内リソースに対し、継続的および積極 的に投資を行い、その世界トップクラスのリサーチ能力やリスク管理システムを構築しています。各ポートフォリオ・マネジャーは、それらのリソースを活用す ることにより、運用を行うことが可能となります。


運用部門に所属する社員を紹介します:

運用部門 トレーディング&リクイディティ戦略部


ブラックロック・ソリューションズ部門

ブラックロック・ソリューションズ(BlackRock Solutions®)では、ブラックロックが独自開発した先進的なリスク分析及びトレーディング・システム(Aladdin®)の提供に加え、複雑な金 融商品や運用業務プロセス改革に関するコンサルティングを、大手金融機関、機関投資家のお客様に提供しています。

ブラックロックは、長年にわたりその投資プロセスと高度なリスクマネジメント能力において高い評価を得てきました。創立以来、ブラックロックは急速 に変化する市場に対応して迅速に投資の意志決定、及び取引執行を行いつつ、リスクマネジメント及びコンプライアンス上のガイドラインを確実に順守していく ために、徹底的なボトムアップのリスク分析に注力してきました。これをサポートするためのシステムとして、ブラックロックは、全資産クラスにわたる広範な リスク分析及びトレーディングが「一つ」に統合された運用管理システム(Aladdin)を開発し、日々の運用業務に取り組んで参りました。

このノウハウを活用し、2000年に、ブラックロックはブラックロック・ソリューションズ(BlackRock Solutions)のブランドの下でリスクマネジメントと運用業務サポートのためのシステム(Aladdin)の外部顧客向けサービスを開始しました。 以来、ブラックロック・ソリューションズはAladdinシステムへの多大な投資とノウハウのシステム化を通じて、高品質・高水準のサービスをブラック ロック社自身、並びに外部機関投資家のお客様に提供しています。また、昨今の金融危機を通じグローバルの金融機関・政府・金融当局のニーズを受け、欧米地 域では複雑な金融商品/バランスシート等に関するアドバイザリー業務も展開しております。


ブラックロック・ソリューションズ部門に所属する社員を紹介します:

アナリティックス部 ポートフォリオ・アナリティックス


管理部門

ブラックロックの管理部門は、次のチームから構成されています:

総務部-ブラックロックの各地拠点における日々の業務や、会社をコスト対比の観点も含めて効率的に運営していくために 必要な内部管理システムと支援ツールの設計と保守など、オフィス管理、インフラ支援とアドミニストレーション・サービスを提供しています。総務部は、ビジ ネス・サービス、設計及び施工、重要インフラ、施設管理、不動産、セキュリティーのチームで構成されています。

人事部-人材の採用、人材開発、人事制度・報酬体系の設計・運用、給与・社会保険の手続きや福利厚生の管理など、広範なサービスを提供することにより、社員のキャリアと会社経営を支援しています。

財務部-会計、財務報告、及び予算管理の責務を担っています。一般的な業務としては、財務会計、財務報告、管理会計、財務、税務会計、給与・報酬会計及び監査等があります。

法務部-当社のビジネスに関連する法令諸規則の解釈、経営陣及び従業員に対する法務アドバイスの提供、契約交渉及び訴 訟への対応を行います。また、コーポレート・ガバナンスの徹底の観点から、株主総会、取締役会、監査役会等の運営に係るコーポレート・セクレタリー業務も 行います。

コンプライアンス部-金融商品取引業者として適切なコンプライアンス体制を確立・整備します。具体的には、経営・営 業・運用・業務に関するコンプライアンス上の助言の提供、社内規程の整備、コンプライアンス研修の実施、営業用資料や広告の審査、種々のコンプライアン ス・モニタリングを行う他、所轄官庁等との折衝や届出等を行います。


管理部門に所属する社員を紹介します:

管理部門 法務部


業務部 (ビジネス・オペレーション)

全世界で行われる業務および様々な運用商品とサービスにより、ブラックロックは多種多様な金融サービスを提供する会社の一つです。ビジネス・オペ レーションでは、質の高い業務実行のため、あらゆる運用商品、顧客チャネル及び地域にわたる業務プロセスの一貫性と効率性を追求します。

日本におけるビジネス・オペレーションは主として次の2つのグループで構成されています:

アラディン・ポートフォリオ・サービス・グループ(APSG)-投資管理プロセスで必要となるすべての情報を管理するグループです。グループのミッ ションは、アラディンで生成・管理されるあらゆるデータがタイムリーかつ正確であることを確認し、社内外クライアントを支援することにあります。APSG は、顧客口座の社内システムへの設定、注文処理、正確でタイムリーな証券モデル化、キャッシュと資産の照合、ポートフォリオ・コンプライアンス、基準価額 計算とパフォーマンス測定、及び顧客報告書の作成といった業務を統括しています。

オペレーション&アドミニストレーション(O&A)-リテールや機関投資家ビジネスに関わる外部サービス・プロバイダーやカウンターパーティとの関係構築・維持管理を行い、ブラックロックの運用部門と営業部門に業務支援を提供するグループです。
O&Aグループの機能別グループには、投資業務、商品及びチャネル・サービス、グローバル・ファンド管理、株主サービス、年金管理、ビジネス財務管理があります。

ビジネス・オペレーションでは、様々なバックグラウンドを持つ金融業界のプロフェッショナルを求めています。


業務部(ビジネス・オペレーション)に所属する社員を紹介します:

パフォーマンス計測チーム



ブラックロック・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第375号
加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 投資信託協会、日本証券業協会、
一般社団法人 第二種金融商品取引業協会